ZX-10R

2012年式 ZX-10R エンジンオイル交換

納車してから4000km走行して、シフトフィール、エンジンノイズが悪化したのでZX-10R(12年式)のエンジンオイルを交換しました。

DSC00373_R

今回導入したのは、カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴強です、100%全合成油でカワサキの公式オイルです。

公式ホームページ

http://www.elf-lub.jp/products-for-scooters-&motorcycles/for-kawasaki-motorcycles.html

webikeが安いですよ

冴強10W-50

KAWASAKIカワサキ/カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴強 4サイクルエンジンオイル
カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴強 4サイクルエンジンオイル

冴速10W-40

KAWASAKIカワサキ/カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴速 4サイクルエンジンオイル
カワサキエルフ・Vent Vert(ヴァン・ヴェール)・冴速 4サイクルエンジンオイル

この2つは下記のように、使いわけます。エルフの公式HPより抜粋。

無題

10W-50の冴強をチョイス!

今回は、レスポンスよりエンジンの保護を目的として、冴強をチョイスしました。

そもそもレスポンスとパワーには満足しています。ツーリングメインなので、エンジンノイズ低減も嬉しいですし…

ちなみに、オイルの色は緑色です。見た目良し。性能も折り紙付きです。カワサキ乗りなら、これ一択では無いでしょうか?

DSC00381_R

 

オイル交換開始!

と、その前にZX-10R 11年式以降のオイル情報をメモっときます。

cropped-DSC09973.jpg

  • オイル交換のみ:2.9L
  • フィルター交換有り:3.3L
  • オイル全容量:3.7L
  • オイルフィルター締め付けトルク:17N・m
  • ドレンボルト締め付けトルク:29N・m
  • ドレンボルトパッキンサイズ:M12

必要な情報は上記の通り、まずはオイル抜きます。

DSC00378_R

オイルポイとか適当なタッパ無かったので、捨てる予定だったフライパンでキャッチです。廃油は適当な、フタ付きの適当な入れ物に入れてガソリンスタンドで引き取ってもらいます。オイルポイ買うより経済的ですよ~。

DSC00376_R

ああ、MOTUL 300V が無残に酸化されて真っ黒です…これじゃあ、フィーリング悪いわけですよ。

オイルを抜いたらドレインボルトをトルクレンチ29N・mで締めます。

この時、ドレンボルトとワッシャー間の脱脂は必須です。オイルで摩擦係数が0.1くらいになってしまってオーバートルクになってしまいますので。

次はオイルを入れます

DSC00382_R

フィラーキャップがオーバートルクで締められていて開けるのが大変でした。やはり座面がオイル汚れで汚かったので、パーツクリーナーを湿らせたウェスで座面をフキフキ。

DSC00383_R

直入れは出来ませんでした。ケース側面が邪魔して上の写真以上に缶が傾きませんでした。オイルジョッキ必須ですね。

僕は下記のオイルジョッキ使って入れてます。

AZオイルエーゼットオイル/オイルジョッキフタ&こし網付き5L
AZオイルエーゼットオイル/オイルジョッキフタ&こし網付き5L 汎用

今回は、オイルのみ交換のみだったので、丁度3缶使いきってオイル交換終了です。

 

オイル交換後の変化は?

エンジン音が静かになりました。

これは、本当に静かになりました。劣化オイルの音が1としたら、変化後は0.75~0.8的な…分かりにくくて申し訳ない。油膜が厚くなったせいか、確かに静かなってビックリです。

シフトショックが激減。マイルドになりました。

これは、シフトダウン時が最も効果ありでしたね。スリッパークラッチのショックがケタ違いに軽減されました。

レスポンスは悪くなった…??

確かに油膜が厚いせいか、アクセルに対してのレスポンスは鈍くなった気はしました。でも、慣れればなんてことないレベル。エンジンが温まって来たら、丁度良いです。走り出しは油膜の厚さを感じます。

総評

エンジン音が静かになるので、街乗りとしては気に入りました。峠でも、このくらいのレスポンスが丁度良い気がします。一方、レスポンスは前回のモチュール300V 10W-40の方が圧倒的なのは確かです。

でも、エンジンの油膜切れは、長くこのバイクに乗りたい僕にとって、最も嫌なトラブルなので、高温に強く油膜の厚い冴強をこれからは使っていこうと思います。

おまけ

DSC00367_R

「サイキョウ」とは、なんとも特徴的なパッケージ。カワサキらしい。
DSC00371_R

2010年までは、最高規格だったSM規格です。SN規格が設立されましたが、これにランクアップするにも試験というコストが必要なので企業もSM規格で留めているパターンが多いそうです。これがSN規格に該当するかは謎ですがね。ちなみに規格はこのサイトが非常に良くまとめられていてオススメ。DSC00368_R DSC00370_R

ピックアップ記事

  1. 【最終回】九州ツーリング 滝が裏から見える鍋ヶ滝
  2. 【3日目】九州ツーリング 阿蘇パノラマラインとか
  3. 【4日目】九州ツーリング いまきん食堂
  4. 【5日目、その1】九州ツーリング ブルーベリーと筋湯温泉
  5. 【1日目】九州ツーリング フェリーの感想とか

関連記事

  1. ZX-10R

    AKRAPOVICオプショナルリンクパイプ+LCIカーボンマフラー装着!

    10Rに乗り換えて、5000km走行…やっと、マフ…

  2. ZX-10R

    ZX-10Rにdomino製グリップを装着!

    ZX-10Rを納車してから、ずっと気になっていた、デイトナ製のグ…

  3. バイク用品

    手動式ポンプを使って洗車してみた

    アパート・マンション住まいでバイク洗車時の水源確保に困っていまし…

  4. ZX-10R

    【超簡単】ブレーキフルードを交換してみた

    ’12年式の我がZX-10Rですが、実はブレーキフル…

  5. ZX-10R

    babyface製 カーボンスイングアームカバー装着

    babyface製のカーボンスイングアームカバーを装着しました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気の記事

九州ツーリングの話

勝手に語るシリーズ

  1. ツーリング日記

    【静岡】スズキ歴史館で、あれを買った,,,
  2. その他

    デスクワークの疲れ目にDHCのブルーベリーサプリメントを15日間試してみた
  3. その他

    【車編】個人的にクオリティが高いと思うYoutube動画を10個紹介
  4. PCX

    PCX(JF56) 3回目のオイル交換
  5. ツーリング日記

    850km!静岡から福岡まで帰省
PAGE TOP