RX-8

RX-8の良いところを語る

RX-8は超お買い得車!

と思ったので、勝手に語ります

一部は技術的でマニアックな内容となります

20160714_000852_r

FRなのに中古が安い

a b c

某中古車販売サイトから引っ張ってきましたが、60万円程度から乗り始められます

FRのスポーツカーが60万円から乗り始められるって、凄いことです

しかも、ただのFRでは無くて、走りに拘った機構も兼ね備えています

走りに拘った機構がある

ロータリーエンジン

ローターを回転させて容積変化(空気を圧縮したり、膨張させたり)を起こしてエンジンを駆動しています

レシプロエンジンと同じ排気量であれば、1回転あたりの燃焼が2倍となるロータリーエンジンの方が高出力を実現できます

つまり、スポーツカーに求められる、高出力でコンパクトなエンジンなのです

さらにローターが回転しているので、振動も少なく、騒音も少ないです。実際RX-8のアイドリング音はノーマルマフラーだと静かでびっくりします

実際に乗った感じも良好で、レシプロエンジンとは違った滑らかなフィーリングを体感できます

特に、9000rpmに近い高回転で走ると、かなり気持ちが良いです

エンジンはフロントミッドシップ

フロントミッドシップとは、フロント車軸より後方にエンジンが配置されていることを言います

これは、重心に重量物を近づけることができるので、慣性モーメントが小さくなります

メリットとして、ステアリングを切った時に車両が素早く向きを変えてくれるようになります

しかも、慣性モーメントは、

  • 質量に比例
  • 重心からの距離は2乗

さらに、RX-8はロータリーエンジンを、できるだけ低い位置に搭載していることも大きな特徴です

フロントサスペンションはダブルウィシュボーン

rx8007

RX-8にはダブルウィッシュボーンという、アッパーアームとロワーアームと呼ばれる2本のアームで横力を受けるサスペンションを採用しています

この構造の利点は、ショックアブソーバーの摺動性にあります

フロントサスといえば、ストラットかダブルウィシュボーンが大半です

ストラットの場合、アッパーアームの役割の一つである旋回中の横力をショックアブソーバーのアッパーマウントで受けますので、ショックアブソーバーのストローク時にフリクションが増加し、操縦安性に欠けます

一方、ダブルウィッシュボーンの場合、アームが旋回中の横力を受けてくれます。なので、ショックアブソーバーは旋回中に曲がりにくく、純粋にストロークをすることが出来ます

 

リア・サスペンションはマルチリンク

rx8006

ダブルウィシュボーンのAアームを複数に分割したものが、マルチリンクです

RX-8のリアサスペンションは、4本のアームを使った複雑なマルチリンク式です。アームの本数が多いのでコストが高く、普通は高級車にしか採用されません

マルチリンクの良いところは、きめ細かなジオメトリ設計ができることです(仮想キングピン軸をたてられるから)

ボンネットはアルミ製

純正で、軽量なアルミボンネットが使われています

こちらも、回頭性に大きなメリットがあります

ショートストロークなミッション

20160515_110443_RRX-8はミッションのメーカーが異なり、前期型(2003年5月~)はアイシンAI製、後期型(2008年3月~)はマツダ内製です

内製になってギア比が変更されています。また、ケース形状も全く異なっています

ちなみに、内製の後期ミッションはシフトフィールも改善されているそうです

僕の8は、ベースグレードの5MTなので、息の長い加速が楽しめます(←6速が無いことを楽観視)

一般的なミッション車と比較すると、手首を返すだけで変速可能なほどショートストロークです

僕がマツダ車が好きな大きな理由の1つが、このショートストロークなミッションです。手首を返すだけで変速できるのは、乗っていて楽だし、変速が気持ち良いです

パワープラントフレーム

注意)画像はNDロードスターです

パワープラントフレームとは、デフケースとミッションを直接剛結する、長いアルミ部材のことです

発進時のデフの縦方向の首振りを抑制してくれる為、スパっと発信できる利点があります

これもすごくコストがかかっています

タコメーターを中心にした視認性抜群のメーター

20160515_110412_R

タコメーターを中心に配置しスピードメーターはデジタル表示、まさにスポーツカー。

2003年発売の車とは思えないデザインに感じます

光量調整可能なLEDバックライト搭載の為、昼夜問わず視認性は良いです

RX-8の残念なところ

燃費が悪い

周知の通り、排気量(=1308cc)とパワー(5速は215ps、6速は235ps、ただ実測は180ps程…)の割に燃費は超悪いです

走り方によりますが、下道だと5~7km、高速で9~10km走れば良い方です

オイル交換が頻繁

エンジンルーム内にオイルを吹いているので、みるみるうちにオイルが減っていきます

ちなみに、オイル交換は3000kmごとに行ってます

僕の8だと、2500kmでオイル1L足さないと、レベルゲージ下限を下回ります

しかもエンジンオイルはロータリーエンジン専用品でないと、エンジン内部にススが溜まります(マツダ純正ゴールデンでもダメです)

ロータリー専用オイルになるので、普通のオイルより割高になります。ちなみにディーラーが取り扱うロータリー専用の全合成油シンセレネシスはネット買っても4Lで12000円もします

僕も一度だけ入れたことはありますが、性能は別格でした。エンジンの滑らかさや出力は、他のどのオイルよりアップしました

イグニッションコイルやプラグは頻繁な交換が必要

  • イグニッションコイル:3万キロ
  • プラグコード:3万キロ
  • プラグ:1万キロ

ごとに最低でも交換しないと、ロータリー本来の気持ち良さがありません

交換も面倒で、プラグ交換時に左フロントタイヤを外さないとアクセスできません

それに、プラグはロータリー専用品で、安くて4本で1万円ほどと高価です。耐久性も微妙で1万キロほど走ると、明らかにエンジンの歯切れが悪くなって、気持ちよく走れなくなってきます

エンジンのオーバーホールが必要になる

最低でも、10万キロでOHしないと、エンジンがヘタってきます

RX-8の場合は、エンジンOHよりリビルトエンジン載せ替えのパターンが多いですし、すでにRX-8は2012年で生産終了しているので、部品代金が年々アップし続けています

その為、10万キロ以上乗られているRX-8の中古市場価格は、驚くほど安くなっています

前期型は特にブローバイでエアフィルターが汚れる

前期型はエアフィルターがエンジンからのブローバイで半端なく汚れてしまいます

なので、エアフィルターをこまめに交換しないといけません

後期型では、ベンチレーションというブローバイをエンジン側還元する機構があって、前期型でも、ディーラーで有料(3万円)程度で装着できます

低速域のトルクの無さ

低速はトルクが細くて、慣れない人は発信でエンストします

赤信号待ちから、3000rpmほどでシフトアップしていくと、軽自動車に追いつけません

高回転ではそれなりに早いのですが、低速を多用するような街中では、運転し辛いのは事実です

まとめ

僕が考えるに、ロータリーエンジンは長く乗れる車では無いと思います

維持費の高さから分かるように長距離通勤に使ったり、ドライブ等に頻繁に行ける車ではないように感じます(とくに僕のような20代サラリーマンが持つと)

1~2kmの短距離移動でも、プラグの被りが心配になるし、渋滞は特にキツイ、等と気を使うことが多すぎて疲れるのが正直な気持ちです

しかし、今なら中古車で60万円前後で売られていて激安です

実体験として僕は2年車検付きで64万円で購入しました

あと、色々と手間がかかって疲れると言いましたが、それも良いと感じています

スペシャルな車感があるからです

RX-8はシャシー性能が完全にエンジン性能を上回り扱いやすいことが良いところです

僕のようにテクニックがなくても、アクセルを大きくあけて走ることができます。それにエンジンは回っても速度は出ないので、法定速度内で楽しく運転できます

扱い易く、維持費は高いが、その分中古車のイニシャルコストが安いRX-8は、今がベストbuyでは無いでしょうか?

POSTED COMMENT

  1. アバター   より:

    CL7購入前、8と悩みました
    CL7を買い浜松までの通勤でカタログ燃費を軽く超えてくれるいい子でしたが楽しむには
    それなりの速度になってしまい、免許がいくつあってもたりないので手放しました

    太陽で左フェンダーにマツダスピードステッカーが貼られた8を何度か見かけたような気がします

    • アバター takahiro005 より:

      コメントありがとうございます!

      ネオバを履かせたアコードトルネオユーロRに同乗したことがありますが、アクスルオンでオーバーステア、アクスルオフでアンダーステアになり、自由自在な車でした。

      エンジンも元気良く、歯切れよく回るわりには、振動も少なく乗り心地抜群…良い車で感動しました。

      太陽でお会いした際は、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください