RX-8

RX-8にBlitzの車高調を装着した感想

納車してから15,000km程、純正ショックで走ってきましたが、やっと車高調をRX-8に導入しました!

前期型RX-8(’04年式~’08年)までのダンパーはトキコ製の複筒式ダンパーが装着されています。ギャップの吸収性は非常に良いのですが、峠で走るにはロールが大きすぎます

今回はBlitzのダンパー ZZ-Rを購入しました。純正からロール量も少なくなり、峠において安心して走れるようになりました。ギャップの突き上げに関しても、この手のスポーツ系にしては優しい方でした

 Blitz ダンパー ZZ-R

20160603_092916_R

このショックは、6万円前後とリーズナブルであり、低速域から安定した減衰力を発生させることが出来る単筒式、衝撃エネルギーを吸収するストローク量を確保しながら全長調整(車高調整)、伸び側(縮側も若干効きます)減衰力の調整も可能、スプリングのイニシャル調整も可能です

リーズナブルに高性能なダンパーを味わいたい人には最適なダンパーだと言えます。高性能なダンパーの基本的な特徴を掴んでいます

このショックは、単筒式です。純正は複筒式と呼ばれる形式を採用しています。一般的に単筒式の方が、減衰力の性能は良いです

単筒式について

 

tein%e7%94%bb%e5%83%8f%e6%8b%9d%e5%80%9f※画像はTEINのウェブサイトより拝借:https://www.tein.co.jp/special/ni_toryu/​

純正は復筒式という構造です

筒の中にある筒の内径を、ピストンが摺動しています。複筒式は安価であり、ストロークが稼げることから純正採用されることが多いです。また単筒式とは違い、外径の筒が飛び石等で大きく変形しても、内径の筒が無事であれば、ショックアブソーバーが動かなくなる等のトラブルがありません

BlitzのZZRは単筒式の為、複筒式と比較して少ないストロークで高い減衰力を引き出せるメリットがあります。例えば、複筒式のピストン直径が20mm、単筒式であるBlitz ZZRのピストンの直径が40mm、だとします

10mmサスがストロークした場合の流量を考えてみると…

純正の流量は、(20π/4)×10=50π

Blitz-ZZRの流量は、(40π/4)×10=100π

ピストンを流れる流量が多い方が、より大きな減衰力を出せます

動きの小さな低速域では、復筒式では流量が確保出来ず減衰力が発生し辛く、ダンパーが仕事をしない、属にいう減衰力のサボりが発生します

単筒式ではピストンサイズが大きい為、低速からしっかりと減衰力が出せるメリットがあって、これが設置感に繋がります。ちなみに、復筒式ダンパーによる低速域での減衰力のサボりは、車酔い等にも影響します

32段階の減衰調整が可能

ショックアブソーバーに封入されているオイルは温度により、粘度が変わります

粘度が変わるので、減衰力は季節に応じて、変更が必要です。このダンパーは32段階のクリック式、減衰力調整ダイアルが、ショックアブソーバー上部に装着されています

原理は、減衰力を調整する「ニードル」と呼ばれる、流路を規制する針がダンパー内に入っているのですが、この出代をダイヤルで調整することで減衰力を調整しています

万人が乗る純正には、こういったコストのかかる部品は当然装備されていません

スプリングにかかるイニシャル調整が可能

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e8%aa%ac%e6%98%8e

まず、プリロードとは、バネの格納長を短くしたり長くすることで、バネが縮められる量のことです

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e8%aa%ac%e6%98%8e2

プリロードをかける(バネの格納長を縮める)と、当然バネは反発して伸びようとします

プリロードをかける効果としては、

・バネの反発力で車高が上がります

・バネが縮み始める荷重が変化します(説明は下記を参照)%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e8%aa%ac%e6%98%8e%ef%bc%94

繰り返しますが、プリロードをかけすぎると(=バネを縮めすぎる)、図のようにショックアブソーバーが動き出す荷重が高くなります

未舗装路を走る際に、プリロードを大きくかけていて、1輪あたりに500kgかからないと、ショックが動き出さない設定にするとします。するとダンパーは縮まないので、半分リジッド状態となってしまい、ゴツゴツとした乗り味になってしまうワケで、プリロードも調整が必要なワケです

このBlitzのZZ-Rは、プリロードを自由に変更出来ます

プリロードを自由に設定して全長調整が出来る

ZZ-Rの場合は、全長式という構造です。これには、プリロードを変化させずに車高が調整出来るメリットがあります

バネレート(N/mm)にもよりますが、プリロード1mm変えるだけで、路面のゴツゴツ感のフィーリングは激変します

全長式には、プリロード設定は自由自在としながら、車高も自由に調整出来るメリットがあります

外観が良い

20160603_101341_R

純正の黒塗装された鋼とは変わって、BlitzのZZ-Rは黒✕赤をコンセプトカラーとしており、外観はかなり良いです

ホイールハウスからチラッと見えた時の、カスタム感が向上します

交換作業

車高調の交換はショップ…では、なく自分で実施しました

20160603_101348_R

フロントの交換は、スタビ外す⇒ショックアブソーバーのアッパーマウント&ロアマウントのボルトを緩める⇒アッパーアーム外せばショックは交換できます

足回りの締め付けトルクは100N・m超えています。ジャッキアップ程度では、結構作業が大変でしたが、ダブルウィッシュボーン形式のフロントは、すんなりと交換出来ました

20160603_144542_R

マルチリンク形式のリアにおいて、純正ショックアブソーバーは非常に長い全長で、トランクルームにアッパーマウントのボルトがあるので、1人で交換は割りと大変でした

純正との車高比較

20160109_234412_r

純正は、いや…いくらなんでも、タイヤとホイールハウスの幅が広すぎる…って感じでした

寧ろ純正で、車高ダウン前提の設計なのか??と思うくらいです。縮み側のストロークを確保するマツダらしい車高の設定です

20160714_000852_r

交換後は、タイヤとフェンダーの幅が自然な幅になりました。ちなみに、前後-25mm車高ダウンの状態です。このダンパーの標準位置なので、もっと車高を下げることは可能です

参考までに、ホイールは18インチのWeds SA-10R を履いています。タイヤは235/40R/18です。タイヤ全切りしても干渉等は皆無でした

まとめ

ロールが少ない走り心地、ギャップの突き上げもスポーツ系にしては優しいので、自分は苦に感じませんでした

外観的に、丁度良い車高となり、大きすぎたホイールハウスの隙間も埋まって良い感じになって満足でした

補足(HKSの車高調も書いました!)

【車高調】HKS MAX IV GT をRX-8へ装着してみた感想HKSから販売されている「HIPER MAXⅣ GT」というショックアブソーバーを購入してみた すでにRX-8には中古で買った「M...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください