PCX

約1年6ヶ月7千キロ乗ったPCX125レビュー

最近、ブログ更新が出来ていませんでしたが、PCXに乗り始めて気がつくと1年半経ちました。

これから、PCX購入しようかな?という人に向けて、

今更ながらレビューします!

スポンサーリンク
前置き

私が購入したのは、PCXは2014年式のjf56というモデルです。

20160717_124151_R

PCXには125ccと150ccが存在しますが、私の所有しているのは125ccです。色はキャンディーノーブルレッドですが、2016年7月現在は、販売されていないようです。

購入金額

2015年2月初めにホンダドリームで新車購入しました。

購入時に結構、調べ込みましたが、新車の場合はディーラーが安値で購入しました。

車両本体価格 … 296,460円(32,940円の値引き)

自賠責(60ヶ月) … 17,330円

手続き代行費、防犯登録 … 17,280円

合計 … 330,000円(1070円の値引き)

125cc原付きクラスでは高額です。

年間の保険代

原付2種(125cc以下)なのでファミリーバイク特約を使用しています。

ソニー損保さんで年間8,000円の支払いです。

燃費

PCXには燃費計が装着されています。

それを見ると、私の場合は現在(7月)の燃費41.0kmです。

温度によって燃費はかなり左右されます。

12月等の寒い時期には39.0kmまで燃費は落ち込みますが、充分に良いです。

※レビュー時は6000km走行でしたが、9000km走行現在では、エンジンの当たりがついたのか、燃費UPして12月の冬でも42km超えました。

乗り心地

PCXは特殊なサイズとなる14インチのホイールを採用しています。

直進安定性は充分です。

エンジンのトルクも町中で交通をリード出来るほどあります。

エンジンの振動も少なく快適です。

また、大きなギャップを乗り越える際、フロントフォークのギャップ吸収性も良いです。

リアクッションの、ギャップ吸収性も悪くはないですが、若干の突き上げ感はあります。

車体トータルで考えれば、新車価格30万円程にしては、乗り心地は良いほうだと思います。

走行性能

非力と思われる125ccですが、町中での加速では交通をリード出来る動力性能は充分にあります。

片押し3ポッドキャリーパーの性能は充分で、日常使いで制動力に不満を抱くことは無いです。

旋回性能も大柄な車体ですが、悪くないです。

やはりコンセプト通り、ストップ&ゴーの多いシティユースでは良いです。

峠も、結構楽しく走れたりします。

純正タイヤは、ウェット性能が良いとは言えないです。

私はブリジストンのPCX専用タイヤを履かせましたが、路面がウェットな時のブレーキング、旋回の接地感がアップするのでオススメです。

日常の使い勝手

まずアイドリングストップですが、これは非常に良く出来ています。

STOP&GOの多い街中では、燃費に有効です。

アイドリングストップの出来栄えは、冗談抜きに最高です。

PCXはACG式スターターといってセルモータを搭載していないので始動は非常に静かです。

 

1Aのシガーソケット機能は、非常用であり、正直使いづらいです。

スマホ充電しようにも、シガソケにUSB充電器を突っ込んでコードを挿すと、

フタが閉まらないチンプンカンプンな設計でした…

 

500mlのペットボトルも収納可能で、夏の暑い日には、お茶のペットボトルを入れてます。

良く入れているのを忘れますが…

 

シート下の収納スペースはフルフェイス式ヘルメット収納には小さいです。

私の愛用するフルフェイスヘルメットであるSHOEI XR-1100とX-FOURTEENは入りませんでした(泣)

ただ、AraiのAstro IQはXLサイズでも入るそうです。

別途、リアケースを取り付ければ解決すると思いますが、フルフェイスが入る仕様にしてほしかった。

まあ、一人暮らしの私が、ちょっとスーパーでレジ袋大1つ分くらいを収納するのは充分なスペースでした。

本当に荷物を積みたい人は、別途ケースを取り付ければ問題ないと思います。

ツーリングの使い勝手

200kmくらいのツーリングは余裕です。

300kmになると、シートの固さと、

リアクッションの突き上げで腰をやられてしまいます。

私の所有するJF56式は、タンク容量が8.0Lに

初期モデルJF28より容量アップされている為、

航続距離も300km超えと125ccの割りには長いです。

まとめ

20160626_191607_R

PCXを購入したのは、主に通勤が目的でしたが、購入して良かったと思っています。

ファミリーバイク特約、レギュラーガソリンで燃費も良く経済的ですし

灯火類はオールLEDで新しい感はあるし、乗り心地も良いほうだと思います。

5年自賠責で新車33万円の高級スクーターですが、それに見合ったモノはありました。

ただ、マニュアル操作を求める人や、

軽い車体にピーキーなエンジン特性等の刺激を求める人には、

快適すぎて飽きてしまうかもしれないので、ススメられませんね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク



人気の記事

九州ツーリングの話

PAGE TOP