ZX-10R

ゲルザブRを10Rに装着して北海道を3300km走ってきたのでレビュー

夏休みの間に北海道を10Rで走ってきました。

少しでもお尻のダメージを和らげる為に、ゲルザブRを購入して10Rに装着した状態で北海道を3300km走ってきましたので、記憶が新しい間に簡単にレビューしておきます!20160809_171825_R

シート下にマジックテープをグルリと通して固定して装着します。

20160809_172931_R

ざっくり、購入する人が気になっているであろう内容に回答します。下記は、あくまで個人の意見なので、参考程度にお願いいたします。

Q1.ゲルザブを装着するとお尻が痛くならない?

⇒お尻は痛くなります。痛くなり始めるタイミングが遅くなるだけです。

Q2.コーナー旋回時等に、ライディングに影響する?

⇒ゲルといっても固めで高反発な材料の為、コーナーリング中でもそんなに気になりませんでした。接地感は充分に得られるように感じました。

Q3. 濡れても大丈夫なのか?

⇒濡れても問題なし。防水なので、雨に濡れてもゲルがブヨブヨになる…なんてことはありませんでした。

Q4. 走っている間にずれてこないのか?

⇒裏面が滑り止め生地になっているため、全くずれることはありませんでした。

Q5.炎天下に駐車すると、本体は熱くなるの?

⇒これは、他の方々がレビューしている通り、日にあたると結構本体が熱くなってしまいます。ゲルが蓄熱してしまうようです。私は停車中はジャケットをかけて日にあてないようにしておきました。

Q6. 何kmくらいで、お尻が痛くなり始めるのか?

⇒人それぞれですが、僕がお尻が痛くなり始めるのは、高速道路の直線ばかりの200kmくらいからです。ゲルザブ装着時は350㎞くらいに伸びましたね。

まとめ(思ったこと…)

20160809_172940_R

10Rに装着しましたが、確かに効果ありです!ただ、実際はお尻が痛くなるという根本的な問題は解決しませんでした。そもそもお尻が痛くなる原因は、骨盤周辺や足の裏の筋肉が常に緊張状態で血流が悪くなるからです。

つまり、ゲルザブを装着したからと言って、それらが解消されることはないです。結局、休憩してストレッチして血流を戻す作業は避けられません。

ただ、ゲルザブを装着すると、そのストレッチ休憩時間をとるまでのタイミングが先に伸びるって感じですね。

私は10Rに装着しましたが、実際は、スプリングの突き上げの大きいPCX等のような小型スクーターの方が効果が大きいかもしれません。

色々いいましたが、導入した方がロングツーリングするにはプラスになりますのでオススメです。P.S.それにしても11年式の10Rのシート専用設計かのようにピッタリや…

ABOUT ME
アバター
タカヒロ
東海地方に住む27歳で、機械系エンジニアとして会社員してます。趣味はバイクやクルマを整備すること。今の愛車はRX-8とZX-10RとPCX。このブログでは、DIYした整備の内容や役立ったケミカルなんかをメインに紹介します。詳細はこちら