その他

コスパ抜群な家コーヒー良いですよね

ここ半年程前から、家でコーヒーを淹れることにハマってます。

会社では缶コーヒーを2本、家では朝1杯、夜1杯飲むほどにハマっているのです。

一日に4杯って飲みすぎじゃない?と、思うかもしれませんが、全日本コーヒー協会によると1日4杯飲む人はほとんど飲まない人に対して24%も死亡リスクが下がるそうです。

全日本コーヒー協会ウェブサイト

http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/83health

毎日家で飲んでもお財布に優しい粉コーヒーについて、紹介したいと思います。

コーヒー豆とフィルター

スーパードケチな僕?が、選んだコーヒーは…

dsc00880_r

オリジナルブレンドコーヒー???

これは、驚安の殿堂ドン・キホーテのコーヒー粉です。500g入って価格は298円(税抜き)です!

コーヒーフィルターは100円くらいで、100枚入っています。1枚1円程度です!

ドリッパー

dsc00878_r

カリタのドリッパーを使用しています。約300円で、ドリッパーと10gの軽量カップがGET出来ます。

Kalita プラスチック製コーヒードリッパー 【2~4人用】 102-D #05001
Kalita (カリタ)
売り上げランキング: 2,431

湯沸かし器

dsc00879_r

お湯を沸かすのは、タイガーのわく子で沸かしています。

マグカップ

dsc00884_r

アマゾンのマグカップを使用しています。これ実は、購入してから5年使っていますが色剥げ等なくて、モノは相当しっかりとしています。

【Amazon.co.jp限定】Amazonオリジナルマグカップ黒
名古屋工芸 (2006-11-01)
売り上げランキング: 1,126

コーヒーを淹れる

dsc00883_r

一人分を淹れます。コーヒーの粉は大体10gで1杯分です。ドンキの粉を入れます。

お湯をわく子さんで、沸かします。温度は95度前後がベストなので、わく子さんが100度に沸騰させてしまう前にスイッチをきります。慣れてきたら音で95度前後のタイミングを察知して消せます。

dsc00887_r

粉全体にお湯をかけます。何秒間蒸らせ!とか言いますが、お湯を注ぐタイミングは、コーヒーが炭酸ガスで膨らんで、その後縮むタイミングです。

まあ、ドンキの豆とフィルターなのか、炭酸ガスで膨らむ素振りを見せることなく、抽出されていきます…(自分の淹れ方がダメなだけかもしれませぬ)

dsc00889_r

蒸らしが終われば、お湯を注いでいきます。

最初はコーヒーの中心にソッとお湯をおとします。

コーヒーの粉のフチの部分にお湯を注ぐ必要はなく、中心に500円玉程度のサイズで「の」を描くようにお湯を注ぎます。

dsc00890_r

写真に見える泡はコーヒーの雑味です。抽出しては、折角のコーヒーも台無しですので、なんだか、お湯が残ってもったいないですがポイしてしまった方が良いです。

dsc00891_r

コーヒーのお供はオレオがオススメです。オレオの甘味でコーヒーの苦みが引き立ってGoodです。

ちなみにオレオはナビスコが2016年9月でライセンス契約終了のため、今後はクロレッツなんかで有名なモンデリーズジャパンが販売することになっています。

コーヒー1杯の費用

  • コーヒー豆:6.4円(500g=50杯分)
  • 水:10円 (2Lペットボルトを100円で購入)
  • フィルター:1円(100枚入り100円)
  • お湯を沸かす電気代:数円…

電気代含めても20円程度でコーヒーが淹れられます。

これが、スタバだったら、ショートサイズのコーヒーでも280円で14杯分に相当します。まあ、スタバは場所代も含まれていますし、正直ドンキ豆よりは味は上手いので、たまに行く分には最高とは思います。

まとめ

コーヒーを朝1杯飲む習慣をつけてからは、朝のコーヒーが楽しみなのか?朝寝坊しそうになる機会がなくなりました。

ドン・キホーテのコーヒー粉が、現在、僕が調べてた中では最安値でソコソコ味も悪くないと思います。

器材が増えると管理が面倒になるので、悩んでいますが今後は細口ポッド等も気がむけば増やしていこうと思います。

 

 

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

    • GSR750
    • 2017年 3月 31日

    こんにちは。フレンチプレスも安くて簡単に美味しいですよ。お試しあれ

    • 丁度、フレンチプレス、ポップアップトースター気になってました!

      近々、導入してみようと思います(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
PAGE TOP