ZX-10R

ZX-10Rのキャリパーのピストンを清掃してブレーキタッチ復活!

先日、ブレーキフルードを交換したZX-10Rですが、まだまだブレーキのタッチがよろしくない…

そこで、今回はZX-10Rのブレーキキャリパー清掃を行いました!

準備した工具など

20161023_113925_r

写真が雑ですが、今回整備に用意したのは下記の通り。

  • ウェス(キッチンペーパー)
  • 水源
  • 台所用の中性洗剤
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 手袋
  • シリコングリース(あるとbetter程度)
  • キャリパーピストン脱着ツール
  • ラチェットレンチ、トルクレンチ(ブレーキキャリパー着脱用)
  • ソケット
  • 六角レンチ(パッドピン着脱用)
  • パーツクリーナー

ピストン清掃の流れ

20161023_114607_r_1

パッドピンを先に緩めておいて、キャリパーを固定しているボルトを緩めます。

キャリパーを引っこ抜いて、パッドピンを外せば、ブレーキパッドも外れます。

 

20161023_114733_r

1年分の汚れです。案外汚れは少なかったです。

ちなみに、走行距離にして1年間、1万キロ程度走行した後の汚れです。

 

20161023_115553_r

キャリパーピストンの脱着ツールを使用してピストンを露出させます。

ピストンが飛び出してしまう為、何があってもレバーを引いてはいけません!

ちなみに、脱着ツールはデイトナ製を使用しています。

20161023_115627_r

水で洗い流すだけでも、結構キレイになりました。

 

20161023_115943_r

使い古しの歯ブラシに中性洗剤のジョイをしみこませて、軽い力でピストン外周を磨いていきます。

写真にはありませんが、ブレーキパッドはパーツクリーナーで洗い流してダストをとりました。

対向キャリパーなので、パッドはどちらが内側で外側が分かるようにして置いてください。

パーツクリーナーはピストンのシール(ゴム材)にダメージを与えるので、直接吹きかけるのはNGです。

 

20161023_120045_r

メルテックの持ち運びポンプで洗い流します。相変わらず、水源を移動出来て便利です。

中性洗剤やダストを残さず洗い流します。

 

20161023_121058_r

ピカーン!ってな感じでピストンがピカピカになりました。軽くウェス(キッチンペーパーで充分です。)で拭いて乾燥を待ちます。

 

20161023_121641_r_1

デイトナ製のシリコングリースをピストン摺動部に塗り込みます。(オプションです。この工程はマストでは無いです。)

-55度から180度までの温度に対応します。この手のシリコングリースの中では断トツにコスパが良いです。

ワコーズのシリコングリースは-40度から280度まで対応しますが、280度は、キャリパーが露出していて車重の小さな2輪ではオーバースペックと思いますので、こちらで充分と思います。

と、いうか280度だと、ピストン部分のOリングが耐えられないと、思いますが…

 

 

20161023_122344_r

多分、ピストンのOリング部分からピストン摺動時に超若干のブレーキフルードを掻き出してピストンに付着して、ある程度の摺動性を保つはずなので、マストで塗る必要はないと思います。

しかし、グリスを塗り込めば、摺動性は良くなりブレーキタッチが向上します。

代償にダスト(ブレーキ粉、砂ホコリ)の付着は多くなりますので、グリスを塗らない場合よりキャリパー清掃を頻繁に行うことになります。

 

20161023_123624_r

最後に規定トルクで締めこみます。

ZX-10Rのキャリパーボルトの締め付けトルクは34N・mです。

SK11製のデジタルトルクレンチを使用しています。セットしたトルクに近づくと、ピー!っと、音が鳴るタイプで使いやすいです。

 

パッドピンの方は軽く締めるだけで、OKです。基本的に走行中にパッドピンを緩める力は働かないので、13N・m前後で締めればokだと思います。手締めだと、2本指でクイッとやる程度でOKです。

 

dsc00900_r

キャリパー装着後は、レバーを握り、ブレーキパッドがディスク面に接触したことを確認して完了です。

キャリパー清掃後に、洗車やチェーンメンテもしたので、作業に時間がかかってしまいリアブレーキの方は、後日やることにしましたので、今回はこれでお終いです。

 

まとめ

キャリパー清掃後は、ピストンがスムーズに摺動するので、ブレーキのタッチが向上しました。

レバーを握った時に、これまでは1、2、3段階というタッチでしたが、清掃後は1、2、3、4、5段階ってな感じで、レバーから反力を感じられてコントロール性がUPしました。

タッチの向上は町中のちょっとしたストップ&ゴーでも感じることができます。

ブレーキという重要な部品の為、整備には細心の注意が必要ですが、割りと簡単に出来る作業なので、先日のブレーキフルード交換と併せてオススメです。

 

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
PAGE TOP