RX-8

エンジンオイルを上抜きで簡単に交換する方法

今回は、レベルゲージにノズルを突っ込んでエンジンオイルを抜く、上抜きと呼ばれる方法でエンジンオイルを交換しました。

ジャッキアップし車の下に潜る危険性も無い、メリットがあります。

上抜きに不審感を持つ人も居るかもしれませんが、下抜きでも上抜きでもオイルが抜ければどっちでも良いです。

大半の車は上抜き出来ますが、稀に車種によってはレベルゲージの位置の都合でノズルが奥まで入らなかったリ、レベルゲージの孔が小さすぎてオイルが上抜き出来ない場合もあり注意が必要です。

ちなみに、私のRX-8は上抜きOKでした。

準備するもの

20161211_141507_r 20161211_201700_r

・オイルチェンジャー(容量6L、吸い上げ能力4L)

・マツダゴールデン5W-30 4L(写真は2缶ですが1缶で充分)

・ブレーキクリーナー

・ウェス(キッチンペーパーがコスパ最強!)

・エンジンオイル注入用のジョウゴ(100円均一で適当に購入)

・オイルポイ4.5L対応品

交換方法

20161211_172847_r

まず、暖気します。エンジンオイルを温めることで、粘度が下がり作業時間が短縮出来ます。

20161211_141722_r

レベルゲージの穴に、オイルチェンジャーのノズルを突っ込みます。(赤丸部)

暖気直後だとノズルが溶ける可能性があるので、暖気後15分程度たってノズルを突っ込むのがオススメです。

ノズルは、オイルパンの底まで届かせるつもりで、しっかり差し込んで下さい。

20161211_141704_r

ポンプを上下に動かすと、タンク内が負圧となりエンジンオイルが少しずつタンク内に溜まっていきます。

20161211_154511_r

吸わなくなったらポンプを上下させて暫く待つ…

何度か繰り返すうちにオイルが無くなってノズルの先端がエアを噛むようになります。

20161211_155205_r

最終的には、このくらいホースが透明になるまで吸います。

こうなれば、上抜き作業は完了です!

20161211_155326_r
うわ抜き後のタンクを見ると、しっかりとエンジンオイルは抜けていました。

下抜きと違って、車両の下に潜る必要が無く、安全かつ簡単です。

20161211_155421_r

ジョウゴをセットします。慣れない人は、オイルを注ぐ際に周囲に零さないように、ウェスや布を引いてください。

20161211_155347_r

純正のマツダゴールデン5W-30 4L缶です。

RX-8のオイル量は3.3L(フィルター交換無し)、3.5L(フィルター交換有り)です。

今回は3.5Lタンクに溜まった為、3.5L分を入れました。

20161211_155640_r
トクトクとオイルを入れていきます、新しいオイルは気持ちが良いですね。

残ったオイルは、別の1L缶等に移し替えてオイル食いな8に積んでおくと良いです。

エンジンオイルを入れた後は、レベルゲージでオイル量を確認し、規定量に達していれば作業は完了です。

20161211_202358_r

オイルチェンジャーのノズルを付け替えて、使用後のオイルをオイルポイに注入します。

裏技的な話ですが、オイルポイでは無く別の容器に入れて、オイル交換サービスのあるガソスタに持っていくと、引き取ってくれることがあります。(オイルはリサイクル可能なので、ガソスタがオイル会社に廃油を買い取ってもらっていることがありますから。)

20161211_203004_r
中のビニールを結び完全にフタをします。後は燃えるゴミとして捨てれば廃油処理は完了です。

まとめ

ドレンボルトからオイルを抜かないので、ジャッキアップしてドレンボルトを取り外す必要が無く、安全且つ手軽にオイル交換が出来ました。

私のように、車弄りが好きな人であれば、一台持っておいても良いと感じました。

メモ

20161211_172847_r

次回交換は123,500kmを予定

ABOUT ME
タカヒロ
タカヒロ
東海地方に住む27歳で、機械系エンジニアとして会社員してます。趣味はバイクやクルマを整備すること。今の愛車はRX-8とZX-10RとPCX。このブログでは、DIYした整備の内容や役立ったケミカルなんかをメインに紹介します。詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください