ZX-10R

ZX-10RをECU書き換えで200psのフルパワー化した話

コメントで質問がありましたので、回答させてもらいます

実際に、リンクパイプをポン付すると、アフターファイヤーが発生して、乗り辛くなります

MotoJPというショップへECUを送付して、ECUを書き換えしてもらいました

書き換え後、は下記のようなメリットがありました

  • アフターファイヤーが発生しない
  • エンジンブレーキの効きがちょうどよくなる(純正は燃費重視で効きすぎ)
  • 全体的な出力特性が乗りやすくなる

フルパワー化について

10RはECU書き換えと触媒交換だけ

僕の2012年式 ZX-10Rは、2011~2015年式のマレーシア仕様で、EU仕様とは触媒が異なるだけで、メカニカルな部分は同じ構造

ZX-10Rのマレーシア仕様は、高回転でセカンダリーインジェクションが吹かないようになっていて、150馬力程へ抑えられている

また、一応公道車なので低燃費を狙って、アクセルオフで燃料カットされてしまい急激なエンジンブレーキがかかる

MotoJP書き換えの手順

  1. ECUを車体から外す、motoJPさんに郵送する
  2. motoJPさんがECUを書き換えしてくれる
  3. 帰ってきたECUをポン付けする

こうすると…

 

マレーシア仕様は151馬力→EU仕様の200馬力、に変更されます!

 

ちなみに、MotoJPは、ウェブサイトから問い合わせ出来る

MotoJPウェブサイト;http://motojp.main.jp/

ECU取り外し方参考;https://takamotoblog.com/?p=1866

書き換えてもらった内容

パワーモード

  • FULL: EU仕様以上のパワーが出るアクラポビッチマフラー仕様
  • MID: EU仕様 MIDモード相当 アクラポビッチマフラー仕様
  • LOW: マレーシア仕様 LOWモード維持 ノーマルマフラー仕様

FULLに設定すると、書き換え前とは比べ物にならないパワーが出ます

僕はいつもMIDのEU仕様で走ってますが、ちょうど良い感じです

LOWは日常では使わないですね

その他

  • MotoJPオリジナルマップの反映:MotoJPのノウハウが詰まった燃料/点火セッティングをFULL/MIDに反映。また、ラムエアダクトの吸入制限も解除
  • アクセルオフ時の燃料カット解除:アクセルを完全に戻したときの燃料カットを解除、ドンツキや過剰なエンジンブレーキを抑制
  • ラジエター冷却ファン作動温度:100℃(純正は105℃)からファンが作動~95℃(純正は100℃)でファンが停止に変更
  • トラクションコントロール ロック解除:走行中、トラクションコントロール変更可能
  • パワーモード ロック解除:走行中でもパワーモードが変更可能

費用は、4.5万円でした

 書き換え後の感想

書き換え後は、全く別のバイクになりました!!

特に、アクセルオフ時の急激な減速が無くなって、乗りやすくなりました

全域でパワー感が上がりましたし、アフターファイヤーも無くなったので、良い感じです

※ECU書き換えは、最悪バイクが壊れる可能性があるので、自己責任でお願いいたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください