ZX-10R

ZX-10RをECU書き換えで200psのフルパワー化した話

下記のアンサー記事的なカタチで、10Rのフルパワー化の話をしようと思います

結論から言いますと、リンクパイプを装着すると、燃調をいじらないとアフターファイヤー等が発生してしまい、とても乗れたモノでは無いです。私は、ECUを車両から取外してmotoJPというショップに送付し、ECUを書き換えして頂きました。EU仕様以上のパワーモードに設定して頂いた感想は、全く別物のバイク、といったところでした

書き換え後は、アフターファイヤー等も発生しなかったので、確実にECU書き換えをオススメします。費用的には5万円近く必要となり、高額に感じますが、書き換え後のストレスフリーな走りや、エンジンフィールの変化は、それ相応の価値があるように感じました

スポンサーリンク
フルパワー化について

まず、私の所有する’12年式のZX-10Rは、2011~2015年式のマレーシア仕様です。フルパワー化の流れですが、ECUを車体から外す、motoJPさんに郵送する→motoJPさんがECUを書き換えしてくれる→帰ってきたECUをポン付けすると…

マレーシア仕様は151馬力→EU仕様の200馬力、に変更されます!!

ZX-10Rは、マレーシア仕様だと高回転でインジェクションが吹かずに、馬力を抑える制御になっていたりします。また、一応公道車なので低燃費を狙ってか、アクセルオフで燃料カットされてしまい急激なエンジンブレーキがかかる仕様になっています

 

motoJPへ書き換えを依頼してみました。ウェブサイトから問い合わせも出来ましたが、ヤフオクに出品されていたので、そこから問い合わせました

motoJPウェブサイト;http://motojp.main.jp/

ECU取り外し方参考;https://takamotoblog.com/?p=1866 

書き換えた内容

下記は、実際にmotoJPさんに実施頂いた内容です

【パワーモード】
FULL: EU仕様以上のフルパワー (200PS仕様) アクラポビッチマフラー仕様 ←私の10Rの仕様です
MID: EU仕様 MIDモード相当 アクラポビッチマフラー仕様
LOW: マレーシア仕様 LOWモード維持 ノーマルマフラー仕様

【その他】
MotoJPオリジナルマップの反映 ⇒ 実施
 ⇒MotoJPのノウハウが詰まった燃料/点火セッティングをFULL/MIDに反映して頂きました。また、ラムエアダクトの吸入制限も解除。

アクセルオフ時の燃料カット解除 ⇒ 実施
 ⇒アクセルを完全に戻したときの燃料カットを解除、ドンツキや過剰なエンジンブレーキを抑制

ラジエター冷却ファン作動温度 105/100 ⇒ 100/95 に変更
 ⇒100℃からファンが作動~95℃でファンが停止に変更

・トラクションコントロール ロック解除 ⇒ 実施
 ⇒走行中でもトラクションコントロールの介入度が変更可能

・パワーモード ロック解除 ⇒ 実施
 ⇒走行中でもパワーモードが変更可能

費用は、4.5万円程度でした。これはカスタム内容等により金額は変動があると思います

 書き換え後に走行した感想

前置きとして、吸排は、エアフィルターをデイトナ製に、排気は、アクラオプショナルリンクパイプ+LCIカーボンマフラー、パワーモードFULL、で基本は走行しています

書き換え後は、全く別のバイクになります!

特に、アクセルオフ時の燃調カットが無くなったので、アクセルオフ時の急激な減速が無くなって非常に乗りやすくなった印象です。

書き換え前は、アフターファイヤーが頻繁に発生していましたが、書き換え後は発生しないです。全域でパワー感が上がったように感じました

き換えした10Rのカスタム内容

参考までに、10Rの仕様を載せます。

  • 吸気は、デイトナ製のエアフィルター;ZX-10R エアクリーナー交換;https://takamotoblog.com/?p=1850
  • 排気は、アクラリンクパイプ+LCIスリップオン;AKRAPOVICオプショナルリンクパイプ+LCIカーボンマフラー装着!;https://takamotoblog.com/?p=1276
  • タイヤはスパコル;ZX-10R用にスーパーコルサを安価で交換した話;https://takamotoblog.com/?p=2853
  • 走行距離は2.3万キロ、使用オイルはワコーズのPRO STAGE 10W-40全合成油
まとめ

マフラー変更等、吸排気系が変更された場合は、必ず燃調書き換えが必要となります。恐らく、この記事を検索ヒットさせた方は、近い時期にマフラー変更を考えているが燃調変更は必要なのかな?と考えている人が多いと思います

私も最初はそうでしたが、燃調を書き換えずに走行した経験上(北海道も3000km程走りましたよ)マフラー変更だけですと、アフラーファイヤーが発生したり、変な出力特性となり乗りにくかったです!

ECU書き換え後は、10Rが真の力を発揮するようになるのでオススメです

※最後に、ECU書き換えは、最悪バイクが壊れることも考えられるので自己責任でお願いいたします

 

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
PAGE TOP