ZX-10R

コスパ良好なバイクタイヤ交換の方法を再紹介

先日、ZX-10Rのタイヤをピレリ製のスーパーコルサ(以下スパコル)に変更しました

GWは九州ツーリングを予定しており、流石にスパコルで九州走るのは勿体なく感じ、早くもピレリのロッソコルサに履き替えました 

タイトルに「コスパ良好」とある通り、Napsを始めとする大手バイクショップよりも、安価にタイヤ交換出来る場合があります。実際に浜松のNapsやHYODでタイヤを購入して車体を持ち込んで交換するよりも安く交換できました。今回はその方法を再紹介しようと思います

 

フロントタイヤは2015年15周製、リアタイヤは2014年16周製でした。製造されてから結構経ってますが、油キレやひび割れ等は皆無でした

スポンサーリンク
ヤフーポイントが秘訣

先にネタバレすると、安価に購入できるのは、ヤフーショッピングのポイントブーストを使っているからです

ストア名がバイクパーツセンターというとこから、新品でタイヤを購入可能です。下記は、注文時の明細です

実際に購入した時の明細です(購入ID等は消してます)

  • タイヤ購入費用;実質\30,160(\37,700-\7,540)
  • HYODホイール持ち込みタイヤ交換;\3,500(廃タイヤ処分込み)

合計;33,660

かれこれ5年以上バイクに乗っており、様々な人から口コミ等を聞いていますが、多分これが最安値だと思います。今回の手法は、偶然自分で発見することが出来たのでラッキーでした

大手ショップとの比較 

参考までに実店舗を見ると、¥39,744(税込み)これにタイヤ交換工賃が上乗せされますから、4万円は確実に超えます。

実店舗による工賃抜きで考えても、¥6,500もお得になりました

タイヤの製造年月日は古いかも

バイクタイヤセンターのタイヤは、モノによって製造年月日が古いモノや新しいモノがあるようです。前回のスーパーコルサは2016年の21周と、比較的新しい製造年月日でした

一方で、今回届いたロッソコルサは、記事の冒頭で説明した通りフロントは2015年の15週目でした

リアタイヤは2016年の14週目でした

実店舗で購入した場合は、ここまで古いタイヤは無いように思います。実際には、外観判断ですが、タイヤの油キレやヒビ割れは皆無でしたし、乗った感じもフィーリングがオカシイ!なんてことは無かったです。もちろん、雨天走行時でも変な感覚は無かったです。なので個人的には、全く問題ないように感じました

まとめ

この方法の難点としては、自分でバイクのタイヤを持ち込む必要があること、近所にタイヤ持ち込みで安価に交換してくれるところがあること、ですかね?

私は、バイクのタイヤを前後外せるように、フロント、リアスタンドをJ-TRIPで統一し、工具はアストロプロダクトで揃えました(特にアクスルシャフトを緩める系の工具)

また、近所に持ち込みで安く交換してくれるショップ(HYOD)もあったので、ラッキーでした

SS等のバイクはライフが短い割には、タイヤがかなり高額なので、条件の合う人に今回の方法はオススメです

 

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
PAGE TOP