ZX-10R

【レビュー】ZX-10Rエンジンオイル交換「YAMALUBE RS4GP」(6回目)

どうも、タカヒロです!

今回は、ヤマルーブ製の「RS4GP」を入れてみました。記事の最後で、走ってみた感想を書きます!

Twitterでオススメされて、入れてみましたが非常に良いオイルでした!(教えてくれたYZF-R1ノリの方、ありがとうございます!)

スポンサーリンク
ZX-10R ’12年式 オイル情報一覧

  • オイル交換のみ:2.9L
  • フィルター交換有り:3.3L
  • オイル全容量:3.7L
  • オイルフィルター締め付けトルク:17N・m
  • ドレンボルト締め付けトルク:29N・m(デイトナ製ドレンワッシャーは25N・m)
  • ドレンボルトパッキンサイズ:M12
用意したモノ

上記に加えてパーツクリーナー、ラチェットレンチ(短めがオススメ)、17mmのソケット(ドレンボルト用)、キッチンペーパー等のウェスがあれば、OKです

オイルの交換手順

’12年式のZX-10Rですが、カウルを全く外さずにオイル交換できます。簡単に手順を紹介しますね

3~5分程、暖気する

エンジンオイルは、あたたまると粘度が下がり、抜けやすくなります

あまり暖気しすぎると、作業時にヤケドの恐れがありますので、水温計が表示される45度付近まで温めればokです

エンジンオイルを抜く

オイルポイ等の受け皿を車体下部に入れます

17mmのソケットを用意して、ドレンボルトを緩めてオイルを抜きます

人肌程に温めたエンジンオイルであれば、スムーズに抜けます

ドレンボルトを装着する(25N・m)

新品のドレンワッシャーを使いましょう。デイトナ製のモノが品質も良くてオススメです

ワッシャーやボルトの品質が悪いと、座面が平らでは無く、エンジンオイルが漏れる原因になります。数百円の差ですから、信頼出来るメーカーからの購入をオススメします

ドレンボルトを締めすぎてもオイルが漏れしますし、締め付けが足りなくても漏れます。トルクレンチがあると、確実な作業が出来るので、オススメです

オイルエレメントを外す

ドレンボルトを締め、オイルが滴らないことを確認します。次に、オイル受けを1度、移動させます

Φ65のフィルターレンチ(ラチェットと組み合わせ使う)を使い、オイルエレメントを軽く緩める作業に移ります

0.1mmでも、オイルエレメントがエンジンブロックから離れれば、手で緩めることが出来ます。少し緩めた程度で、すぐさまオイルが吹き出すことは無いです

※もう一度オイルポイをオイルエレメントの下へ移動させて、手でエレメントを緩めて、外せばOKです

Φ65のフィルターレンチがオイルエレメントに噛んで外せなければ、ラチェットレンチの頭等で、軽くフィルターレンチが抜ける方向へ、叩けば外れます

新しいオイルエレメントを装着する(17N・m)

指にオイルをつけて、オイルエレメントのOリング(画像の黒いゴム部品)に塗りましょう

Oリング表面のゴムの滑りが良くなり、オイルエレメント締結時に、ゴムがエンジンブロックに正しい姿で潰れ、密閉性を確保できます

また、着脱した古いオイルエレメントのOリングが、エンジンブロック側に取り残されていないか?も確認しましょう

17N・mの規定トルクで締めます。もし、トルクレンチが無い人は、オイルエレメントを手締め一杯でもOKです

※ただし、Oリングが座面に着座してから3/4回転はさせましょう。(エレメントによって、回転数は異なる場合があります)

オイルエレメント、ドレンボルト周りを清掃

抜けたエンジンオイル等で、エンジン下部が汚れていると思います

ブレーキクリーナーを吹きかけて、ウェスで拭いてキレイにしておきます

こうすることで、たとえオイルが漏れたり、滲んでも確実に確認できます

オイルを注ぐ(3.3Lの定量注油)

今回はオイルエレメントも交換した為、3.3Lオイルを注ぎます

もう6度目の交換ですが、定量注油でオイルが多すぎたり、少なすぎたり…といった事は、1度もありませんでした

走り出す前に、アイドリングを行い、エンジン下部からオイル漏れが無いことを確認したら、オイル交換は完了です

まとめ(走った感想)

12月ですが外気温は12度、水温は70度を下回る、ツーリングをした感想を書きます

  • エンジンフィールはMOTUL 300Vと同等
  • スムーズに高回転まで回る。油膜が途切れている感覚は無い
  • シフトフィールも非常に良い
  • エンジン音の歯切れが良い

送料込みで4Lを7000円程で購入出来ますから、コスパも良く感じました

ワコーズのPRO STAGEも、油膜が厚い印象でしたし、性能ダウンが穏やかでしたが、エンジンフィールはRS4GPが圧倒的に良い印象です

elf✕KAWASAKIのコラボ製品である、”冴速 10W-40“(4Lで8000円)と悩みました。結局、値段を見て(4Lで1000円安い)RS4GPにしましたが、大半の人はRS4GPの性能で満足だと思いました

残すところは、RS4GPの耐久性が気になりますが、次回のオイル交換時にレビューします

走行距離メモ

次回交換は、約3万キロを予定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク



人気の記事

九州ツーリングの話

PAGE TOP