RX-8

配線をキレイにドライブレコーダーをRX-8に取り付ける方法(ユピテルWD300)

今回はドライブレコーダーをRX-8へ装着したので、その内容を紹介します。

Web限定のモデルであるユピテルWD300を装着しました!電源はエーモン工業のヒューズBOXからシガソケが取れるタイプを使いました。

ドラレコ WD300紹介

ポイントをざっくり説明しますね。

  • 電源はシガーソケット
  • GPS搭載で位置情報が記録可能
  • HDR搭載で逆光に強い
  • 8GBのmicroSDも付属
  • オプションで駐車中も動態感知で録画できる
  • FULL HD(1080p)で撮影できる
  • Gセンサー搭載で衝突後は別フォルダへファイル保存(上書き防止)

と、こんな感じです。より詳細が知りたい人はメーカーページが分かりやすいです。GPSとHDRが有り、実績のあるメーカーと考えて当製品を選びました。装備の割に価格は安い方です。

ちなみに、当製品は説明書をWebからダウンロードしたり、白い簡易パッケージを採用することで、コストダウンした製品です。

右側面にSDのスロットがあります。最初から8GBが刺さってました。不安な人は32GBに入れ替えもありですね!

背面は操作パネルですね。購入後のGセンサー設定や解像度等の設定で使います。

Gセンサーを搭載している為、段差を乗り上げただけで記録されてしまうことがあります。前後、左右、上下、の3方向の設定が可能です。

上部には、GPS端子と電源端子があります。こちらにはDC5Vの標記がありますね。シガーソケットの電源は12Vのはずなのに…

それもそのはずで、端子を見ると12Vを5Vへ変換しているようです。シガーソケットの配線に、分岐タップで割り込みを考えている人は、変圧器なしでは使用出来ないので注意してください。

本体の下面にはリセットがあります。

配線をすべてつなげるとこんな感じです。

エーモンのシガーソケット電源を使って、電源を確保します。RX-8のシガーソケットは、シフトノブの目前にあって、今回のドラレコのモノを装着するとシフトチェンジに大変邪魔なので、別途エーモンの電源を購入しました。

RX-8への取り付け解説

ダッシュボードを外します

ヒューズBOXの蓋を外す

本来はACC(アクセサリー)から電源取りする予定でしたが、エーモンのシガソケが15Aのヒューズだった為、一番上部のCIGAR(シガーソケット)電源に取り付けました。

マイナスを取る

白い樹脂部品の下にボディからの鉄ブラケットが生えてます。ボルトを介してマイナスをここから取りました。

ウェザーストリップ脱着

必要最低限のピラーの部分のみ、引っ張って外します。

ピラーを脱着する

ピラーを手前へ軽く引くと、半分外れます。上部に白い樹脂のピンがあってそれで固定されています。ピラーカバーと樹脂は、溝で止まっているので、手前に強く引くだけでは白い樹脂が破損します。

脱着の際は、白い樹脂とピラーカバーの溝を外すように上へ押上ながて外します。白い樹脂は、写真の方向に軸上にある突起を位置合わせすると、軽い力で引き抜くことが出来ます。

引き抜いた白い樹脂は、ピラーカバー本体に装着し、そのまま元の位置へ押し当てて固定します。分かりにくいですが、焦って力任せにやらず、慎重な作業がオススメです。

本体を取り付ける

3Mの超強力な両面テープで固定します。

  • サンバイザーの邪魔にならないか?
  • ワイパーのかかる位置か?

上記を考慮して配置しましょう。

後は、ピラー内に配線を這わせて、逆の手順で組み付けるだけです。

配線はダッシュボードにまとめて収納しました。助手席側に配線が垂れることも無くスッキリです。

まとめ

Amazonのプライム会員セールを巡回していたら、たまたま目に付いて購入しました。

私は浜松周辺に在住しているのですが、非常に残念なことに”浜松市は政令市中における人口10万人あたりの人身交通事故件数が平成21年から7年連続ワースト1”という事故が多い地域です。

数県引っ越しを繰り返していますが、実際に住んでみて危険に感じています。無意識だとは思いますが、車間距離が近く煽られることが非常に多く感じていますし、一旦停止のラインを守る人も少ない気がします。

いつ事故に巻き込まれるか分からない為、自己防衛を目的に導入しました。

今回のユピテルのドラレコは、比較的安価でありながら、経路が分かるGPSや逆光や夜間に強いHDRを搭載しているので、お買い得だと思いました。今回はこの辺で!

 

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
PAGE TOP