RX-8

オイルポンプを使ってRX-8のオイルを上抜きで交換しました

RX-8のオイルを交換したので、記録します。

約2,500km走っての交換です。RX-8はオイルがダメになってきたら、エンジン振動がひどくなったり、停車から発信する時にトルクが低くなるので、わかりやすいです。

オイル交換だけなので、工具は使いません。オイルポンプで上抜きします。

ポンプで古いオイルを吸い上げる

ジャッキアップ不要でオイル交換できる神アイテムです。カインヅホームで買った樹脂BOXが、収納するには丁度良いサイズでオススメです。

出かけた後、1時間ほど時間を置いてからオイルを抜きます。(すぐ抜くとオイルでヤケドしますから)

使い方は簡単で、オイルレベルゲージへホースを突っ込んで、ポンプを上下に動かすだけです。タンク内が負圧になって、少しずつオイルが抜けてきます。

抜けたオイルは茶色になってます。もう少し距離を走ると、もっと黒くなります。

オイルポンプタンクにある横ラインは1本あたり1Lを示しています。このオイルポンプは6Lまで対応してるらしいです。(4.5Lくらいまでしか抜いたことは無いです)

ポンプを置いた場所が傾斜しているので、4.3Lほどに見えますが、平地に置くと4Lほどオイルは抜けていました。

RX-8後期は、オイル交換のみ…4.2L、オイル+エレメント交換…4.4L、とありますから、十分なオイル量です。

新しいオイルを入れる

この8に乗り換えてから、ずっと使っているGreddyのF3 10W-40 ロータリーエンジン用です。

5Lで6000円とリーズナブルな値段と思います。純正よりフィーリングは良いように感じます。

オイルを入れた後は、近所を走行しオイルレベルを見て作業は終わりです。

まとめ

5.8万キロでオイル交換しました。

プラグ、プラグコード、エアクリーナー、イグニッションコイルは、1万キロに達しました。そろそろプラグ交換を検討する距離です。(1.5万キロほどで交換を考えています)

オイル交換すると、アイドリング時の振動が非常に小さくなります。まるで別モノのエンジンにしたような感じです(本当に!)

使用した道具の紹介

 

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク
PAGE TOP