RX-8

RX-8のプラグを1万キロぶりに交換してみた。DIY交換方法や感想を紹介する

1万キロぶりにRX-8のプラグを交換した

交換した理由は、アイドリングが安定しないからだ

咳き込むような症状があり、アイドリングの時に「ボコッ、ボコッ」とプチ失火的なことがおこっていた

OBDⅡで、失敗ログを調べても記録は無いから、イグニッションコイルやO2センサーに異常はないようだった

今回交換したプラグ

NGK RX-8用プラグ RE9B-T×2 RE7C-L×2

RX-8のプラグの選択肢としては、「NGK」または「DENSO」がある。僕は両方試したことがあるけれど、DENSO製はレーシングプラグになるから、価格は安いけれど熱価が高すぎて、すぐにカブってしまった

その反省を活かしてNGK製を買ってみた

RE9B-Tがトレーディング側で、RE7C-Lがリーディング側

RX-8は、2つの「おむすび」エンジンを搭載している

そして、それぞれの「おむすび」には、トレーディングとリーディングという異なるプラグが装着されているから、4本のプラグが必要になる

話を戻して、このプラグはイリジウム製で、一般的なニッケル合金のプラグと比較して、中心にある電極がかなり細い

プラグの性能として電極が小さいイリジウムプラグは、

  • 放電位置の散らばりが少ないからスパークしやすい
  • 着火後も冷えたプラグが火災核の熱を奪いにくい

といったメリットがある

created by Rinker
SADA
¥13,890
(2021/10/16 21:04:19時点 Amazon調べ-詳細)

プラグ交換に用意したもの

ユニバーサル Tレンチと21mmのプラグソケット

プラグ交換には、いつもアストロプロダクツのユニバーサルTレンチを使っている

全長は495mm、先端は3/8(9.5sq.)、になっていて、sq.はsquareの略で、3/8はインチ、3/8に25.4mmをかけると9.5mmになる

NGKプラグは対辺21mmのプラグ用ソケットがマッチする

プラグ用のソケットには、マグネットが付属していたり、プラグの接続部を逃げるような形状をしている。交換時には専用品を用意したい

RX-8のプラグを交換する方法

左前輪のホイールを外す

RX-8のプラグは、ロータリーエンジンの側面に装着されているから、左前輪のホイールを外せば、プラグへアクセスすることが出来る

ゴムカーテンを外す

何か役目を果たしているのか不明だけどゴムカーテンを外す

すると、プラグコードが見える。この中に手を突っ込んで作業するから、汚れても良い長袖の服を着ておくのがオススメだ

プラグコードを絶対に手で引っこ抜く

プラグコードは、絶対にペンチ掴んではいけない。ペンチで掴むと100%プラグコードに傷が入って漏電につながる

僕は「少しペンチで掴むくらいなら」と思ってプラグコードを傷つけてしまったことがある。結果、プラグコードを速攻で交換するハメになってしまった

プラグコードのプラグと接続している部分を、素手でくるくると回して慣らしながら引っこ抜くと、あまり力を入れずに抜くことができる

プラグは全部で4本あって、トレーディングが上部、リーディングが下部

エンジンブロックに「T」と刻印があって、「トレーディング」の略。「L」はリーディングのこと

プラグを装着する箇所を間違わないように、

  1. 1本だけプラグコードを外す
  2. 外したプラグコード部のプラグを交換する
  3. プラグを装着する
  4. プラグコードを戻す
  5. 別のプラグを交換する

この順番で、焦らずに1つずつ作業しよう

ユニバーサルTレンチを使ってプラグを外す

21mm プラグソケットを装着して、左回しに緩める

偶然にも、アストロプロダクツのTレンチは、ホイールハウス内で作業できる

約1万キロしか走ってないのに、リーディング側にはススが溜まっていて、状態は良くなかった

これを見るとアイドリングが安定しないのも納得だ。

トレーディング側は、あまり汚れていない

リーディング側の方が酷い有様になるのは、今のスピリットRのに乗り換える前に乗っていた前期RX-8からそうだったから、これが普通なんだろう

新しいプラグを装着する

プラグの締め付けトルクは25N・mで締めるようにしている。(4本とも)

オーバートルクで締めると、エンジンブロックが割れてしまう可能性もある。逆に締め付けが足りないと、プラグの電極位置が適切な位置まで出っ張ることができないから、うまく点火できなくなる

あと、プラグのネジ部へグリスを僕は塗る必要はない

座面にゴミが噛むと、局所的な座面に対する軸力オーバーとなり緩みの原因になるからだ

プラグを規定トルクで締めつけた後は、ゴムカバーを装着する

created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥11,876
(2021/10/16 00:53:02時点 Amazon調べ-詳細)

ホイールを装着して作業完了

すべての作業が完了したらホイールを組み込んで、作業は完了。100N・mでホイールナットを締め付けるようにしている

まとめ(プラグ交換後のフィーリングとか)

要点まとめ
  • プラグ交換にはユニバーサルTレンチが便利
  • 21mmのマグネット付きソケットを使う
  • プラグコードはペンチで掴んではいけない
  • プラグの締め付けトルクは25N・m

交換の結果、安定したアイドリングになり、始動性もかなり良くなった

走り出してのトルク感も明らかに違っていて、アクセルを踏み込んでからの加速感も良くなる

NGKの純正プラグでも1万キロ毎に交換した方が良いと感じた

管理人メモ。今回は61,869kmでプラグ交換

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください