RX-8

RX-8のプラグを1万キロぶりに交換してみた。DIY交換方法や感想を紹介する

1万キロぶりにRX-8のプラグを交換した

交換した理由は、アイドリングが安定しないからだ。具体的には咳き込むような症状があって、停車してアクセル0の状態で「ボコッ、ボコッ」とプチ失火的な症状に悩んでいた。

OBDⅡ経由で、失敗ログを調べたけど記録は無い。つまり、イグニッションコイルやO2センサーなんかに異常があるわけでは無いことが分かった。

ますます、プラグの劣化が原因な気がしてきて、アイドリングの不調を改善したくてプラグを交換してみた。

今回交換したプラグ

NGK RX-8用プラグ RE9B-T×2 RE7C-L×2

RX-8の純正は、NGK製

RX-8のプラグの選択肢としては、「NGK」または「DENSO」がある。僕は両方試してみた。

過去にDENSOのレーシングプラグを試してみたんだけど、熱価が高すぎて、すぐにカブってしまった。その反省を活かしてNGK製を今回も選択した。

RE9B-Tがトレーディング側で、RE7C-Lがリーディング側だ。

RX-8は、2つの「おむすび」エンジンを搭載している。

そして「おむすび」には、トレーディングとリーディングという異なるプラグが装着されているわけだ。

話を戻して、このプラグはイリジウム製で、一般的なニッケル合金のプラグと比較して、中心にある電極がかなり細い。

プラグの性能とは、「スパークのしやすさ」「火災核の成長のしやすさ」にあって、電極が小さいイリジウムプラグは、放電位置の散らばりが少ないからスパークしやすいし、着火後も冷えたプラグが火災核の熱を奪いにくい。

プラグ交換に用意したもの

ユニバーサル Tレンチと21mmのプラグソケット

アストロプロダクツで買ったユニバーサルTレンチを使った。

全長は495mm。RX-8のプラグ交換に普通に使える。先端は3/8(9.5sq.)だ。

ちなみに、9.5sq.は、9.5mmの四角という意味で、sq.はsquareの略。3/8はインチのことで、3/8に25.4mmをかけると9.5と計算できる。

全体的には凄く良いサイズ。強いてデメリットを上げるなら、作業中にキャリパーとTレンチの掴み部が近すぎることだ。これ以上に大きすぎると使わない時に邪魔になりそうだから、実はベストな長さかもしれない。

あとで写真で解説するけど、RX-8のプラグ搭載位置は、かなり奥まった場所にあって、ユニバーサル機構(写真のソケット装着部にあるような首元が自由に回転する機構ね)がないと作業は不可能だ。

NGKのプラグは対辺21mmの六角

一般的な六角ソケットでも良いけれど、マグネットが装着されているプラグ用のソケットを使う方が良い。それに、RX-8のプラグは、根本の部分にプラグコードが接続されるから、普通のソケットだとプラグにハマらないと思う。

RX-8の21mmのソケットは、大きめなサイズのようで、上で紹介したT型プラグレンチは9.5sq.だけど、1/2(12.5sq.)のソケットも多いから、購入時はサイズに注意してほしい。

RX-8のプラグを交換する方法

左前輪のホイールを外す

RX-8のプラグは、ロータリーエンジンの側面に装着されている。

左前輪のホイールを外せば、プラグへアクセスすることが出来る。

車載のジャッキを利用する時は、外したタイヤを車体の下に入れて、仮にジャッキが壊れた時でも下敷きにならないようにするんだけど、僕のRX-8の車高とタイヤ幅では到底不可能だった。

僕は、車体のサブフレームあたりに、ジャッキを入れて作業した。(写真撮り忘れたけど…)

ゴムカーテンを外す

何か役目を果たしているのか不明だけどゴムカーテンを外す。

ゴムカーテンの片側は長孔になっているから、樹脂のボルトを外さなくても外せると思う。

すると、プラグコードが見える。この中に手を突っ込んで作業することになるから、汚れても良い長袖の服を着ておく必要がある。腕まくりをして作業すると怪我する可能性が高いからだ。

プラグコードを絶対に手で引っこ抜く

プラグコードは、絶対にペンチ掴んではいけない

ペンチで掴むと100%プラグコードに傷が入って漏電につながる。そのまま走行すると、プラグに電流がしっかり流れずに、エンジンブローする可能性もあるから、要注意だ。

僕は「少しペンチで掴むくらいなら」と思ってプラグコードを傷つけてしまったことがある。結果、プラグコードを交換するハメになった。絶対に、絶対にペンチは使ってはいけない。

もし引き抜くのに力が必要なようならば、プラグコードのプラグと接続している部分を、素手でくるくると回して慣らしながら引っこ抜くと、あまり力を入れずに抜くことが出来る。

プラグは全部で4本あって、トレーディングが上部で、リーディングが下部だ。

エンジンブロックに「T」と刻印があって、「トレーディング」の略。「L」はリーディングのことだ。

プラグを装着する箇所を間違わないように、

  1. 1本だけプラグコードを外す
  2. 外したプラグコード部のプラグを交換する
  3. プラグを装着する
  4. プラグコードを戻す
  5. 別のプラグを交換する

この順番で焦らずに1つずつ作業する方が良いと思う。

ユニバーサルTレンチを使ってプラグを外す

21mmのプラグソケットを装着して、左回しに緩める。

偶然にも、アストロプロダクツのTレンチは、ホイールハウス内で作業できる、少しキャリパーと近いけれど、なんとか使えるレンチの長さだ。

3/8(9.5sq.)のラチェットをTレンチへ差し込むこともできるのは超便利に感じる。

約1万キロしか走ってないのに、リーディング側にはススが溜まっていて、状態は良くなかった。

これを見るとアイドリングが安定しないのも納得だ。

トレーディング側は、あまり汚れていない。

リーディング側の方が酷い有様になるのは、今のスピリットRのに乗り換える前に乗っていた前期RX-8からそうだったから、これが普通なんだろう。

新しいプラグを装着する

プラグの締め付けトルクは25N・mで締めるようにしている。(4本とも)

オーバートルクで締めると、エンジンブロックが割れてしまう可能性もある。逆に締め付けが足りないと、プラグの電極位置が適切な位置まで出っ張ることができないから、うまく点火できなくなる。

手ルクレンチでの作業は、やらない方が良いと思う。

あと、プラグのネジ部へグリスを僕は塗らないようにしている。

プラグネジ部にダストを拾うだけで良い効果は期待できないし、座面にゴミが噛むと局所的な座面に対する軸力オーバーになって緩みの原因になる(座面が局所的に凹む)それにプラグとエンジンブロック間の摩擦係数が0.1以下になって、オーバートルクになる可能性が高い。

プラグを規定トルクで締めつけた後は、ゴムカバーを装着する。

ホイールを装着して作業完了

すべての作業が完了したらホイールを組み込んで、作業は完了。100N・mでホイールナットを締め付けるようにしている。

まとめ(プラグ交換後のフィーリングとか)

要点まとめ
  • プラグ交換にはユニバーサルTレンチが便利
  • 21mmのマグネット付きソケットを使う
  • プラグコードはペンチで掴んではいけない
  • プラグの締め付けトルクは25N・m

交換後に近所を走ってきた。これは、かなり違いを感じることができた。

アイドリングが不安定だったけれど、完全に解消された。

まず始動から段違いに良い。

シートに座って、キーをイグニッションの位置まで回した直前にエンジンが始動する。この始動性の良さには感動した。

走り出してからの、トルク感も明らかに違っていて、停車から発信までが楽になったし、アクセルを踏み込んでからの加速感がかなり良くなった。

結局、NGKの純正プラグでも1万キロ毎に交換した方が良さそう。改めて思うけど、1万キロでプラグがダメになってアイドリングが不安定になる車って凄いよね。

いずれにせよ、プラグ交換でアイドリングの調子が元に戻ったから良かった!今回はこの辺で!

管理人メモ。今回は61,869kmでプラグ交換

ABOUT ME
アバター
タカヒロ
東海地方に住む27歳で、機械系エンジニアとして会社員してます。趣味はバイクやクルマを整備すること。今の愛車はRX-8とZX-10RとPCX。このブログでは、DIYした整備の内容や役立ったケミカルなんかをメインに紹介します。詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください