RX-8

RX-8のアドバンストキーをディーラーで登録してもらう費用とか

RX-8 Spirit Rの純正アドバンストキーを追加登録した。

イモビライザーが装備されているから、登録作業はディーラーにやってもらった。

ネットでアドバンストキーの情報を探すと、あまり掲載されていないから紹介してみる。

RX-8のアドバンストキー

カードキータイプで、「本体」と「鍵」、2部品で構成されている。

どちらにもイモビライザーが搭載されている。

費用の話をすると、この2部品はとても高い。

ディーラーで純正キーを0から作成してもらうと、だいたい2万円の費用がかかる。

僕は超ラッキーなことに、ヤフオクで2,300円(送料込み)で入手できた。普通ヤフオクでも中古相場は送料を除いても6,000円くらいするから、超偶然だった。

ヤフオクでカードキーを安く購入するコツは、解体業者ストアが出品するキーだ。

解体業者の出品する写真は、非常に汚い。キーを置く土台がブルーシートの上だったりする。そういうキーには、あまり入札が入らない。

上記の写真には、2枚のカードキーがあるけれど、右側は解体業者から買ったもの。実際にはかなりキレイな状態で届いたから、もともと持っていたカードキーと見分けがつかない。

あと、アドバンストキーに関して、e-bayやamazon.comなんかの海外通販サイトも見たけど、日本で購入するのと値段は変わらない。それに海外のRX-8のアドバンストキーは若干形状が異なるから、使えるのか情報は入手できなかった。

つまり、素直にディーラーで買うのが間違いない。

社外のブランクキーにはイモビチップが入っていない

社外のブランクキーにはイモビチップが入っていないから、イモビライザー搭載車のドアキーを開けることしかできず、エンジンは始動できない。(セルが回らない)

僕は買ってから気づいた。(時すでに遅し。)鍵屋さんで鍵を複製してもらい、試しにエンジンをかけようとキーを回したが、エンジンは始動しなかった。

その後に、鍵屋にあったイモビライザーの搭載有無を調べるマシーンにキーを入れてみると、社外キーにはイモビチップが搭載されていなかった。

ブランクキーを使う時は、アドバンストキー本体のボタン電池が底付きた時だろう。ちなみにボタン電池の寿命は1年とマツダは言っている。

僕はRX-8のグローブボックスにボタン電池(CR2025)を常にストックしていて、ブランクキーでドア鍵を開けてボタン電池を補充すればイモビライザーを解除してエンジン始動するように、トラブル対策をしている。

ディーラーでアドバンストキーを追加

ディーラーには、「中古アドバンストキーをゲットしたから、追加登録して欲しい。」と電話でお願いした。

1週間待って、ディーラーへ行ってキーの追加登録をしてもらった。

作業は30分ほどで終わり、4,590円を支払った。

ちなみに、イモビライザーを搭載した車のキー登録は、PCを使う作業になるから、ディーラーに素直に頼むのが良い。自分で登録方法をネットで探すのは時間の無駄になるだろう。

まとめ

要点まとめ
  • イモビライザー内蔵のアドバンストキーはディーラーまたは専門店でしか出来ない
  • 純正キーを0から作成する費用は、およそ2万円
  • RX-8のアドバンストキーの電池は「CR2025」
  • 中古アドバンストキーの持ち込み追加登録は4,590円
ABOUT ME
アバター
タカヒロ
東海地方に住む27歳で、機械系エンジニアとして会社員してます。趣味はバイクやクルマを整備すること。今の愛車はRX-8とZX-10RとPCX。このブログでは、DIYした整備の内容や役立ったケミカルなんかをメインに紹介します。詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください