ZX-10R

ZX-10R エンジンオイル交換「ヤマルーブ プレミアムシンセティック」(7回目)

ZX-10Rのオイル交換を1年くらいサボっていたから、7回目のオイル交換をした

「ヤマルーブ」から発売されている「プレミアムシンセティック」へオイル銘柄を変えてみた。ちなみに、交換前はヤマルーブの「RS4 GP」を入れていた。

変更した理由に関して、RS4 GPはすごくフィーリングが良くて気に入っていたんだけれど、4Lで7,000円もするから費用を安くしたかった。

今回のプレミアムシンセティックは、4Lで4,500円で買えた。

ネットで評判が良かったし、RS4 GPが登場する前はプレミアムオイルのような存在だったから、試しに入れてみた。

ヤマルーブ プレミアムシンセティック

ヤマルーブの公式サイトでは

低温から高温まで常に安定して高い性能を発揮する、中・大型車両に最適な高品質オイル。

と説明されている。どうやらターゲットは大型車両らしい。もちろん、YZF-R1の純正指定もこのオイルだ。

大きな特徴は下記の3点

  • SAE粘度規格:10W-40
  • 100%化学合成油
  • JASO:MA

このオイルのランク(値段面で)を説明すると、ヤマルーブからは2つの全合成油のオイルが販売されていて、このプレミアムシンセティックは、RS4 GPという最高級オイルの1ランク下にあたる。

RS4 GPは、「JASO MA2」を取得しているが、こちらはMAだ。

そもそも、JASOという規格は、聞き慣れないと思うけれど、概要を説明すると、

MAをさらに細かく分類してMA1とMA2という規格がある。MA1は低摩擦特性、MA2は高摩擦特性を持つ。

つまりMA2はクラッチがMA1オイルより滑りにくい。ただMAはMA1とMA2を包括する規格だから、プレミアムシンセティックがMA1とMA2のどちら寄りかは不明だ。

ただ、プレミアムシンセティックに関して、低温から高温まで粘度特性の大きな変化は無い、と宣伝しているから、元から粘度低めでサラサラなオイルを使っていると思う。

オイルのMAやMBなんかのJASO規格を詳しく知りたい人は下記のリンクが役立つ。

http://www.virginharley.com/column/column05/c05-05/

パッケージが変更された

僕が大学生の時代(いまから5年くらい前)には、プレミアムシンセティックといえばパッケージはこれだった。

いつの間にか、現代風なパッケージに変更されていた。

個人的には、こっちの少しクラシックな感じの方が、高級感があって凄く好きだったけれど、どう思う?

ZX-10Rのオイルを交換

古いオイル(RS4 GP)を抜く

交換前は、走行距離5千キロほど、1年ほど使ってみた。

交換前には、明らかにオイル性能は劣化していて、エンジンのアイドリング音のガラガラ音が少し大きくなっていた。

RS4 GPを入れたばかりの時は、エンジンのフィーリングは最高に良かった。10Rの荒削りなエンジンが、不思議なことにマイルドな感じになる。それに、シフトチェンジも超スムーズになって、ビックリするほどにスコスコ入っていた。

話を戻して、いつものオイルポイに10Rのオイルを抜く。近所のホームセンター(ナフコ)の4.5Lを用意して抜いた。

ドレンボルトを締める

オイルを抜いた後は、ドレンボルトを締める。いつものデジタルトルクレンチを29N・mにセットして締めた。

このブログでも何度も登場しているSK11のデジタルトルクレンチを使った。2015年の7月に購入したけれど、まだまだ現役だ。

僕が買った頃は数件しかAmazonレビューが付いていなかったのに、今では143件もレビューが増えていてビックリした。

最大60N・mと比較的に高いトルクまで対応するから、1本持っておくと、オイル交換だけでなくて、ブレーキキャリパーの締め付け等にも使えるから、おすすめ。

使っているのは、デイトナのドレンボルトだ。今まで一度もオイルが漏れたことは無いから、問題ない。

「3枚入り」と「10枚入り」があるけれど、値段が安いから、一気に10枚買うのがおすすめ。

新しいオイル(プレミアムシンセティック)を入れる

新しいプレミアムシンセティックは、茶色のオイルだった。なんとなくワコーズのプロステージに近い見た目だ。

10Rはオイルエレメント無しで2.9L、エレメント交換有りで3.3Lのオイルを交換する。

今回はエレメントを交換していないので、2.9Lのオイルを注いだ。

この写真はRS4 GPのオイル交換の時の写真だ。ちなみに、RS4 GPは赤い色をしていた。

オイル交換をした後に近所を走った感想

結論から言うと、確実にRS4 GPの方が10Rにはマッチしている。プレミアムシンセティックは、使えなくはないけれど、2,500円の差ならRS4 GPを買った方が良いように感じた。

正直、オイルを変更して若干後悔している…

シフトチェンジに関しては、プレミアムシンセティックはRS4 GPに大きく劣る。RS4 GPはスコスコ入ったけれど、プレミアムシンセティックでは入らない。

特に水温が低い74度付近では、プレミアムシンセティックはミッションの入りが悪いと感じた。

水温が85度~90度付近を指す頃に、少しは改善された。だけれど、RS4 GPには遠く及ばない。

エンジンのトルク感に関しても、RS4 GPの方が確実にあった。プレミアムシンセティックはワコーズのプロステージを入れた時と同じトルク感だ。オイル交換直後のエンジンのマイルド感もRS4 GPの方が確実にあったように感じる。

次回はRS4 GPに戻そ…

プレミアムシンセティックは、純正指定だから10RのようなSSに入れて普通に使えなくは無い。だけど、RS4 GPを入れた方が、確実に気持ちよく走れる。

ネットで買えば2,500円の差しか無いから、僕は今度からRS4 GPへ戻すつもり。想定していた以上にRS4 GPとプレミアムシンセティックの差が大きかったように感じた。

公道しか走っていないからサーキットで高回転を多用した時のフィーリングは不明だけれど、MOTUL 300Vとほぼ変わらないフィーリングで劣化具合も穏やか、カワサキのElf 冴速より安いRS4 GPは、費用と性能で考えた時に、最も良い選択肢だと思う。

ABOUT ME
タカヒロ
タカヒロ
東海地方に住む27歳で、機械系エンジニアとして会社員してます。趣味はバイクやクルマを整備すること。今の愛車はRX-8とZX-10RとPCX。このブログでは、DIYした整備の内容や役立ったケミカルなんかをメインに紹介します。詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください