RX-8

車高調とステアリングタイロッドエンドを交換した後にRX-8のアライメント調整を行った結果

「HKSの車高調」と「Autoexeのステアリングタイロッドエンド」をDIYで取り付けしたんだけれど、ハンドルのセンターが合わなくなってしまった。

車高調を取り付けた後:アライメントが狂ったように感じなかった

ステアリングタイロッドエンド取付後:ハンドルセンターだと直進しない。明らかにアライメントが狂ってしまった感覚

そこで、アライメント調整を行なうことにした。頼んだのは、静岡県の袋井市にある「柴田車輌 オニキス袋井」で、今のRX-8 Spirit Rに乗り換える前に乗っていたRX-8の前記型でも調整をお願いしていた。

車高調導入後のRX-8をアライメント調整して走りがグッと良くなった先日、RX-8に車高調を導入した記事を書きました。 車高調導入は自分で行いましたが、ずっとハンドルのセンターがずれていて、真っすぐ...

アライメント調整費用に関して

柴田車両の公式ウェブサイトより引用

一般的な価格設定だ。調整範囲によって金額は変わる。

柴田車両さんのアライメント調整はこんな感じ。機材は「B-DYNA」といって、株式会社バンザイ製を使っている。

タイヤを回しながら測定できるし、ジャッキアップしなくても調整できて作業も早い。

作業が早く終わりそう、良い機材で正確に測定できる、これらの理由で柴田車両へ作業を依頼した。

アライメント調整前の測定結果

フロントに関して

キャンバー、キャスター、トー、すべてにおいて基準値を逸脱している。車高調を装着して、車高を下げているから当然の結果だ。

キャンバー角に関しては1.6度ほど付いている。

キャスター角が基準値に対して大きくずれているのは、正直謎だ。

僕が知っているキャスター角は、車両を真横から見て、ナックルにあるAアーム上下取り付け点を結ぶ直線が、ハブセンターから地面へ垂直へ伸びる直線、となす角度、という認識。

ナックルを変更してAアーム取り付け点を動かさない限り変わらないと思う。しかし左右差は少ないので、あまり考えないことにした。

リアに関して

トー、キャンバーは基準値を大きく逸脱している。これも車高を下げているから当然だ。

しかし、リアのトー角が左右で大きく異なることは気になった。リアのトー角を調整するロッドを外したことは無いのに、ズレているのは不思議なことだ。

アライメント調整をしてもらう

測定した後は、若い整備を担当する青年に説明を受けて、どう調整するか?をすり合わせした。

その結果、キャンバーやキャスターは基準値からズレているけれど左右差は少ないから調整せず、フロントのハンドルセンター合わせと、フロントのトー角、リアのトー角を調整してもらうことにした。

アライメント調整後の測定結果

リクエスト通り、フロントのトー角とリアのトー角の左右差をほぼ無くして頂いた。それにハンドルセンターもバッチリ出ているから問題ない。

フロントとリアのキャンバーは、調整前と変化はない。

アライメント調整後に走ってみた感想

まず停車から発進する時が圧倒的に楽になった。発進後の安定感もある。

キャンバー角は少し大きすぎる気はしていて、50km/h以下の低速走行では安定感に欠く。逆に高速道路で走るような100km/hくらいの速度であれば、全く問題に感じない。

コーナリングに関しても、前後このくらいのキャンバー角がある方が、かなり安定して旋回できると感じる。

それにリアのキャンバー角が2度超えているから、見た目にもキャンバー付いているのが分かりやすいから、見た目も悪くない。

僕的には、ハンドルセンターがズレていた問題が解決したので、かなり満足な結果となった。

まとめ

今回のアライメント調整はフロントのトー角だけで、料金は1.2万円だった。

車高調をDIYで取り付けしても、工具を揃えて1G締め付けを確実に左右同じトルクで実施していれば、左右のアライメントはほとんどズレることは無いことが分かった。

また、ステアリングタイロッドをDIYで取り付けると、トー角が合わなくなってしまった。それにリアのトー角も左右差がある状態だった。

これらの経験から言うと、車高調調整だけならアライメント調整の必要は無いけれど、ステアリングタイロッドを交換して、ハンドルセンターがズレたり、安定して走れないような感覚があれば、アライメント調整を依頼するのは良いと思う。

いずれにせよ、中古で購入して足回りの部品を出荷時から変更された車は、一度アライメント調整を依頼した方が良い。今回の1.2万円は作業内容に対して安いと感じた。

ABOUT ME
タカヒロ
タカヒロ
東海地方に住む27歳で、機械系エンジニアとして会社員してます。趣味はバイクやクルマを整備すること。今の愛車はRX-8とZX-10RとPCX。このブログでは、DIYした整備の内容や役立ったケミカルなんかをメインに紹介します。詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください