RX-8

ヨコハマホイール TC-4 と ミシュランパイロットスポーツ4に履き替えた結果

RX-8のホイールとタイヤを新調した

これまでは、ホイールが「workのエモーションCR極」タイヤは「アドバンスポーツ V105」

新しく買ったのは、ホイールが「ヨコハマホイール TC-4」タイヤは「ミシュランパイロットスポーツ4」

タイヤとホイールの種類を変更しただけではなくて、同時に

  • 19インチから18インチへサイズダウン
  • リム幅を8.5Jから9Jへアップ
  • タイヤ幅を225から245

へ変更した

結論から言うと、トータルな乗り味がかなり良くなった

それなりの費用で、良く仕上がったように思うから、その内容を書いてみる

ホイールの紹介

ヨコハマホイール TC-4 概要

ヨコハマホイールには元々、「GT」っていう金型鍛造の5本スポークホイールがあって、「TC-4」の前進である「TC-3」もあった

ただ「GT」の値段は高めの設定で、一般が買うには敷居が高い(鍛造ホイールとしては、普通の値段だけど)

TC-4が54,000円で買えるのに対して、GTなら73,000円(通常色)と19,000円の価格差がある

ヨコハマホイール曰く、「GT」は走りだけではなくて、5本スポークデザインだから、という理由でも売れていたらしい

そこで、ヨコハマホイールは、もっと安く5本スポークを提供したいと思うようになって、鋳造の「TC-4」が誕生したらしい

ヨコハマホイールのウェブサイトを見ると、たくさんのホイールがある

最初見た時は、何を選べばOKなのか分からなくて困った(選択肢多すぎ…)

「TC-4」は「GT」のコンセプトだった走りを、デザイン性へより振った仕様とのこと

「GT」と「TC-4」の違いは、大きく2つある

  • タイヤ滑り止めのローレット加工の有無、GTは有る
  • GTは鍛造、対してTC-4は鋳造

まとめるとTC-4は、GTデザインの鋳造ホイールということだ

といっても、スポークは僅かにサイドカットが入っていたり、スポーク裏にも肉抜きが施されているから、鋳造ホイールとしては重量は軽い

Work emotion CR kiwami 概要

1999年に初めて登場したホイールで歴史が深い

5本スポークを2分割したようなデザインとなっていて、スポークが細くて太め

サイドから見ると、RX-8のブレーキディスクが小さいのも相まって、スカスカに見えるから軽そうに見えるが、実際は重い分類のホイールになる

現在は、ドレスアップ用のホイールみたいな一面も持っていて、豊富なカラーラインナップをもっているのが、特徴だ

見た目はカッコイイと思うけれど、タイヤ交換する時には、その重さを感じるほどの重さだった

19インチ8.5Jだと、無駄にタイヤ代がかかるし、18インチへ軽量化も狙って変更してみた

ホイールのスペック比較

TC-4 エモーション
インチ 18 19
リム幅 9J 8.5J
オフセット 35 F:32

R:25

重量 9.1kg 10.3kg

リム幅を9Jへアップさせたけど、重量はTC-4の方がエモーションより1.2kgも軽くなった

タイヤのスペック的な話

ミシュラン Pilotsport4

ドイツ生まれのスポーツタイヤ

スポーツタイヤにミシュランからは、分類されているけれどライバルタイヤは、アドバンスポーツ等のプレミアムタイヤがライバルとなる

ウェットのグリップに定評があって、もちろんドライもグリップは充分にあるタイヤ

ミシュランらしい、トータル性能が良いのが最大の特徴だ

アドバンスポーツ V105

国産生まれのプレミアムスポーツタイヤ

こちらも、欧州車を意識して開発されたタイヤ(前進のV103は欧州で定評だった)

メルセデスやポルシェのOEMタイヤとしも採用されているから、実力は折り紙つき

基本的には、ミシュランのパイロットスポーツ4と同じように、

高いドライ・ウェットグリップ性能、低ロードノイズ、とトータル性能がバランス良く高く設定されたプレミアムタイヤとなっている

タイヤのスペック比較

パイロットスポーツ4 アドバンスポーツV105
インチ 18 19
245 225
扁平率 40 40
重量 10.8kg(実測) 10.8kg(公式ページから)

18インチ化して245幅へ、タイヤ幅をアップさせたにも関わらず重量は同じ

ホイールとタイヤのスペック比較

重量の比較

エモーション+アドバンスポーツV105 20.3kg
TC-4+パイロットスポーツ4 19.9kg

リム幅を8.5Jから9Jへ拡大し、タイヤ幅を225から245に広げながらも、0.4kg重量を軽くできた

車高も若干下がるよ

アドバンスポーツV105(変更前) 225/40R19 : 662.6mm
ミシュランパイロットスポーツ4(変更後) 245/40R18 : 653.2mm

変更前は、19インチだったから、タイヤ幅は小さいけれどタイヤ外径は大きかった

対して、変更後のパイロットスポーツ4では、9.4mmも外径を小さくすることができた。つまり、4.7mm車高が下がる計算になる

19インチの時は、タイヤを引っ張っていたから、実際は4.7mmも下がらなかったけれど、2~3mmは下がった

変更後に感じたこと

公道で使うなら、グリップ性能に文句なし

RX-8のトルクなら、タイヤの方がグリップ勝ちする

雨が降るウェットの日に、1速レッドゾーンまで引っ張っても、全く滑らない

ウェットでそれだから、ドライに関してもグリップ性能に文句なし

公道で使う分には、グリップ不足を感じることは皆無で、これは大きな安心感に繋がっている

タイヤに荷重をかけてあげると、タイヤが鳴くようになっている(V105では鳴かなかった)

ちなみに、社会人なりたての頃、あまりに金がなかったから、ダンロップのディレッツアDZ101を履いていた

235幅の18インチを履いていたんだけれど、5MT前期の1速でも、ウェットの日は直線でも滑ってしまい安心感は皆無だった

DZ101はタイ生産の安価仕様だったから、比較するのはDZ101に酷な話だけれど、当時はビクビクしながら走っていた時と比較して、かなり安心して走れるようになった

ロードノイズは、とても静か

パイロットスポーツ4にしてから、グリップ性能はアップしたんだけれど、同時にロードノイズも格段に小さくなった

アドバンススポーツのV105も、新品だと静かだと思うけど、このパイロットスポーツ4は絶対的なロードノイズが静かに感じる

むしろ、マフラーやカーオーディオの方が、ロードノイズより圧倒的に音量大になる

使い古したアドバンスポーツは、かなりロードノイズがしていた(新品だと静かなんだろうけど)

同時にサイドウォールは、柔らかいというより「しなやか」に動く

これは想定の話だけれど、体感的な話で言うと、アドバンスポーツV105の方がサイドウォールの剛性は高い設定な気がする

ただ、19インチの扁平率40の時点でかなりタイヤ剛性は上がっているから、タイヤの性能差だけではないから、本当のところはイマイチ分からない

ギャップ吸収性はよくなった

19インチで8.5J(標準は245幅)に、225幅のアドバンスポーツV105を引っ張って履かせていたから、路面のワダチを通過した時に、「ウッ」と内臓へ衝撃を感じていた

このギャップ吸収性の悪さに相当苦労していて、タイヤとホイールを交換した理由の一つでもある

なんとかHKSの車高調で解決しようとして、セッティング出しを休日に行ってみたけど、一向に解決せず困っていた

これだけ悩んでいたのに、タイヤとホイールを交換するだけで、ギャップ吸収性がかなり良くなった。路面のワダチを乗り上げても「ウッ」と内臓が突き上げられる感覚はなくなった

ついでに、フロントに関しても、ワダチ通過時にハンドルが取られることも少なくなった

タイヤが上手に、いなしてくれる感覚は、一度乗れば誰でも感じることができると思う

まとめ

今回のホイールとタイヤ交換は、個人的には成功だったと思う

見た目もより自分好みになったし、走りの面に関しても乗り心地を良くしながら、ウェットとドライのグリップ性能が上がったように感じたからだ

19インチから18インチへインチダウンは、正解だった。やはりRX-8には18インチがちょうど良いサイズに感じた

番外編 RX-8純正ホイールが19インチである理由

実は先日、ミュンヘン空港のラウンジで乗り継ぎ待ちしていたら、なんと目の前にNDロードスターの主査として著名な「山本さん」が座られていた

【マツダ】トップエンジニアインタビュー(山本主査)

僕はかなり驚きながらも、憧れのエンジニアの一人だったため、話かけずにはいられなかった

「間違っていたら、申し訳ございません。まさか、NDロードスター主査の山本さんでしょうか?」と話しかけたら

「ええ、そうですよ。」と、まさかの本物だった

話によると、イタリアでロードスター(MX-5)関連のイベントがあって、僕と同じようにミュンヘン空港で乗り継ぎの帰国をする最中だったそうだ

しかも帰国の便は、僕とまったく同じルフトハンザ便で、ミュンヘン空港から羽田空港行きで、席も一つ後ろという大変奇遇な条件だった。おかげで、羽田空港の到着ロビーまで一緒に話をすることができた

しかも話を進めていくと、山本さんは2012年式の最終型RX-8スピリットRの主査も担当されていた、とのこと

その車を所有している僕としては、聞きたいことが超山積み状態だったから、色々と疑問点を改善することができた

たくさん話をさせて頂いた中で、「なぜ19インチのワシマイヤーBBSを採用したのか?」と聞いてみた

第1に、乗り味に剛性感を持たせたかったから

次に、大径ホイールの流れも確かにあった。と言われていた

同時に「19インチホイールだけどBBS製だから軽いよ!」、とも仰られていた

事実として、RX-8の純正ホイールにおいては、前期型の18インチホイールよりも、後期型の19インチのホイールの方が重量は軽い

以上がRX-8のホイールが19インチである理由だ

補足すると、山本さんは「軽量化」に驚くほど貪欲にこだわっていた

NDロードスターのグレードSは、このご時世に車重が990kgしかないけれど、この人が主査だったから実現したように感じた

ABOUT ME
タカヒロ
タカヒロ
東海地方に住む27歳で、機械系エンジニアとして会社員してます。趣味はバイクやクルマを整備すること。今の愛車はRX-8とZX-10RとPCX。このブログでは、DIYした整備の内容や役立ったケミカルなんかをメインに紹介します。詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください