クルマ

RX-8乗りがMAZDA3を試乗した率直な感想(レビュー)

MAZDA3の試乗と見積もりをしてきた

同時に、6.7万キロ走ったRX-8 Spirit Rも査定して貰った内容も紹介しようと思う

試乗したMAZDA3の概要

試乗したグレードは15Sと20S

  • 15Sは1500ccのガソリン車
  • 20Sは2000ccのガソリン最上位グレード

近所にはATしかなくて、僕が欲しいMTの試乗車は無かった

ちなみに、MAZDA3はガソリン車に限定すると、1500ccの15SしかMTの設定がない

15S を試乗した感想

試乗の感想は、自分の思ったことを率直に書いた

MAZDA3は出来が良いというレビューを散々見たけれど、先入観に囚われずにレビューしてみる

15S Touringのスペック

排気量 1,496cc
車重 1,320kg(MTモデル)
馬力 111PS/6000rpm
トルク 14.9kgf・m/3500rpm
ガソリン レギュラー
ミッション 6ATまたは6MT

試乗したのは最廉価となる15Sの1つ上位である、ツーリングパッケージ

街中の燃費は17km/L、高速道路では21km/Lを実燃費で走るらしい(ネット調べ)

ちなみに、ガソリン車でMT設定があるのは15Sだけ。20SはATしか設定が無い

良かったと感じたこと

  • 40〜60kmあたりは運転しやすい
  • Uターンや90度直角コーナーは滑らかに運転できる
  • アテンザには劣るけれど、室内はとても静か
  • スマホ置き場やドリンクホルダーが、しっかりあること
  • 遮音性と静粛性はとても高い
  • ボタン式パーキングやオートホールドが標準装備だから運転が楽だった

インテリアの質感や運転の操作感は、260万円ほど(シグネチャースタイルなし)で買える車としては、トップレベルに上品な感じだった

それと、思ったほどFF駆動な乗り味で無かったり、車重1320kgに1500ccエンジンでも街中では必要なトルクがあるように感じた

微妙だと感じたこと

  • オプションのBOSEが選べないこと(純正は普通のスピーカー)
  • ギャップ通過時の衝撃のいなし方が安っぽい
  • ブレーキの初期制動が低すぎるように感じた
  • 70km/h以上出すと風切り音が気になる(エンジンが静かすぎ)

1.5Sで特に微妙に感じたのは、ギャップを通過した時のいなし方。もう少し衝撃を受けた時の振動の収束性を上げて欲しいと感じた

純正のスピーカーは、過度に期待するほどでは無い音質で、設計が古いRX-8のBOSEの方が良い音に感じた

微妙な部分についても、今乗る頻度が高いRX-8の良い所と比較した時の、粗探しレベルの話。絶対的な完成度はどれも高いから、乗っていれば慣れて気にならなくなると思う

20Sを試乗した感想

20S Burgundy Selectionのスペック

排気量 1,997cc
車重 1,360kg
馬力 156PS/6,000rpm
トルク 20.3kgf・m/4,000rpm
ガソリン レギュラー
ミッション 6ATのみ

試乗したのは、ガソリンモデルでも最上級となるBurgundy Selection

このモデルを選ぶとシートが赤い本皮、ダッシュボードは赤い合皮、となる

実際に走って感じた15Sとの違い

  • クリープ現象から圧倒的にトルクフル
  • なぜか15Sよりブレーキの初期制動が高いように感じた

15Sに対して20Sが劣っている部分を感じることは出来なかった

特に、エンジンパワーは圧倒的に違っていて、ブレーキを離した時のクリープ現象で感じることができた

購入予算や維持費に余裕があれば、トルクフルな20Sを選びたい(MT無いから選べないけど)

15Sと20Sの新車見積もりして貰った

見積もりは全てシグネチャースタイル付き

写真のようにフルエアロに、BBS鍛造ホイールがセットになる

通常だと72万円のセットが50万円ほどと22万円もディスカウントされるから、お買い得

と言っても実際は、BBSホイールが単品で41.5万円もするから、そういう計算になるのであって、フルエアロだけで揃えてしまえば30.5万円の出費で済む

見た目がカッコイイので見積もりに加えて貰うことにした

15Sの見積もり結果

合計金額は316万円になった

シグネチャースタイルを外せば、およそ50万円安くなって266万円(税込)となる

オプションは、リアの赤外線フィルム・フロアマット・ナビ用SD・ETC、と最低限で組んだ

20Sの見積もり結果

オプションは、15Sと同じ内容にした(シグネチャースタイルと最低限のオプション)

合計367.5万円になってしまい、なかなか高額…

RX-8 スピリットRを査定して貰った

査定額

試乗と同時にお願いしたRX-8スピリットR 6MT(6.7万キロ走行)の査定額は、80万円だった

ちなみに、TC-4(ホイール)は、別の社外ホイールに戻して売却した場合で査定してもらっている

  • 純正のBBSホイールが無い
  • 運転席のレカロシートのサイド部分が破れている
  • マフラーの純正が無い
  • 修復歴あり

これらが査定マイナスの要因だったらしい。仮に修復歴無しなら100万円だったらしい(買う時もメチャクチャ安かったから仕方ない)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください