RX-8

RX-8スピリットRと通常モデルの違いについて

ブログのアクセス解析をしていたら、

RX-8 スピリットR 違い

の検索ワードが上位だったから、簡単に解説してみようと思う

RX-8は2003年のデビューから2012年の生産終了までに、かなり多くのマイナーチェンジを受けていて、グレードの理解が大変だ

スピリットRの概要

2011年の10月、RX-8が2012年6月で生産終了されるアナウンスがされる

同時に、ファイナルモデル 特別仕様車であるスピリットRが発表された

写真は自分のスピリットR(ホイールとマフラーは変更しました。純正の写真を持ってないので)

また、スピリットRでは専用のオーナーメントが用意される

ベース車両との違い

TypeRS(MT)とスピリットR(MT)の仕様差

2008年3月にビッグマイナーチェンジを受けたType RSと、基本的に外内装の色が違うだけ

TypeE(AT)とスピリットR(AT)の仕様差

色調も変更に加えて、ベースのATに対して、大径ブレーキ・スポーツサス・18インチのガンメタホイール、と足回りも変更して、運動性能をUPさせた

生産台数

当初1,000台の計画だったが、好評を受けて1,000台が追加生産され、合計2,000台が生産された

価格

スピリットRの6MTが325万円(税込)、スピリットRの6ATは312万円(税込)

グレードについて

スピリットRには6MTと6ATの設定がある

同時に、ベースグレードとして Type RS(6MT)とType E(6AT)も存在する

それぞれ細かく仕様が異なっている

同じスピリットRでもMTとATでは全然違う

前期と後期でも年式によって細かく仕様が違うRX-8。

スピリットRにおいては、MTとATでは根本が違う

  • MTは完全に走りに特化
  • ATはロングツーリングと日常使いに特化
スピリットR 6MT スピリットR 6AT
シート レカロシート ヒートシーター・電動シート
ホイール 19インチのBBS 18インチ純正
ショックアブソーバー ビルシュタイン スポーツセッティングサス
外観 フルエアロ エアロ無し

その他にも、ATモデルでは、サイドブレーキやステアリングが本皮巻きに変更される

ギア比も6ATの方がロングになっている

6MT 6AT
1速 3.815 3.538
2速 2.260 2.060
3速 1.536 1.404
4速 1.177 1.000
5速 1.000 0.713
6速 0.787 0.582
後退 3.603 3.168
ファイナル 4.777 4.300

スピリットR(MT)とType RSの違い

  • ベース:Type RS
  • 仕様差:専用カラーのインテリア
  • メカニカル的な変更点:なし

基本的にType RSに使われている部品の色調を変更しただけで、メカニカルな変更はない(アナウンスされていない)

唯一の違いは、TypeRSではオプションだったSRSエアバッグが標準仕様になったこと

スピリットR(MT)の専用カラーとは?

スピリットR Type RS
BBSホイール ブロンズ グレー
ブレーキキャリパー レッド シルバー
ヘッドライト・フォグ・リアランプ ブラックベゼル 白メッキ風
センタートリム ピアノブラック シルバー

スピリットR(AT)とTypeEの違い

  • ベース:TypeE
  • 仕様差:専用インテリア、大径ディスク、スポーツサス、18インチホイール

スピリットR(AT)では、ベースモデルに対して足回りも変更している

TypeEではオプションのSRSエアバッグは、スピリットR(AT)でも標準装備となった

スピリットR(AT)の専用カラーとは?

スピリットR(AT) TypeE
ホイール ブラック18インチ シルバー17インチ
ブレーキキャリパー レッド シルバー
ヘッドライト・フォグ・テールランプ ブラックベゼル 白メッキ風
シート・ステアリング・パーキングレバー ブラック&赤スティッチの本革 普通の樹脂
リアコンソールボックス 赤ステッチの合成皮革 普通の樹脂

以上が、スピリットRの仕様差の話。

ATでいいならTypeEがお買い得

これから先は、個人的に中古車としてお買い得だと思うグレードの話をしてみるから、興味が無い人は離脱願います。(ただの管理人のボヤキ)

RX-8を公道メインに楽しむなら後期のTypeEが凄くお買い得だと思う

例えば、5.2万キロ走行 & 修復歴無し、で乗り出し93.6万円とリーズナブルに買えるからだ

これがスピリットRのATなら安くて150万円もする。ブレーキのディスク径が異なるけど、峠で流す分なら関係ない(小径ディスクを採用する前期の5MTベースグレードも所有していたけど、ブレーキの効き具合は充分だったから)

また、5万キロオーバーのMT車を選ぶと7万キロ付近でクラッチ交換(9万円ほど)の出費がすぐに発生するし、後期TypeS(RSの下のグレードのMT)でも車両本体が130万円ほどするから、大きく差額が発生してしまう

その差額分、経年劣化したショックアブソーバーやタイヤ&ホイール、へ宛てた方が賢明だと思う

僕はスピリットRのMTモデルを所有しているけれど、普段使いを考えればATでマツダ純正シートの方が良いと感じている

レカロシートは、サイドシェルが凄く張り出すから、乗り降りが大変だ。ATモデルは、サイドシェルの張り出しがすくないしソフトシートだから乗り降りはスムーズにできる

実際に所有する前は、レカロシートに憧れはあったが、最近はもう少し乗り降りの利便性を上げたい気がしている(ホールド性に文句はないけれど)

あとは、TypeEにエアロが装着されていないから、TypeRSやスピリットRのような派手な見た目を好まない人には良い選択肢になると思う

実際に、僕が通勤していると、よく白髪混じりの年配の方が乗るTypeEとすれ違うことがあって、乗る人と落ち着いた見た目が凄くマッチしているように感じた

もしこれからRX-8を中古で買おうと思っていて、MTに大きく拘りが無ければ、TypeEをオススメしたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください