RX-8

RX-8の窓が故障したから修理しました(ウィンドウモーターを交換)

6.9万キロ走ったRX-8の窓が故障しました

具体的には、ガリガリと音を立てて、窓の開け閉めができなくなってしまいました

ウィンドウを上げ下げするモーターが壊れてしまったので、ヤフオクで落とした中古品に交換して修理してみました

ウィンドウモーターの故障は定番

ウィンドウモーターは、この部品です

RX-8は、デミオやベリーサと共用。

純正品番:GJ6A5958XF(運転席側)

運転席と助手席でモーターの品番が異なります

みんカラを見ると、RX-8は故障率が高い部品のようです

中には写真の樹脂歯車が入っていて、これがウィンドウの上げ下げをしています

ただ、この樹脂歯車は割れやすいです

僕のRX-8もガリガリと音を立てていたのは、この樹脂パーツが割れていたからです

修理の選択肢は3つある

  • フリマ(ヤフオクとか)で中古モーターを買って付ける
  • モーターをOHして修理する
  • ディーラーへ丸投げ

僕は、ヤフオクでデミオ用の中古品を落札して装着しました

ヤフオクで中古モーターを買ってみる

14万キロ走った2004年製のデミオのモーターを落札してみました

1,000円の送料込み3,500円で、解体業者からゲットです

14万キロのモーターですが、交換後は絶好調でした!

ヤフオクで落札する時、製造年月日が気になると思います

この写真は僕の2012年製のRX-8の故障したモーターです

ロッドナンバーはQD211X28の部分で、2004年あたりのモーターは頭品番がTNになっています

僕が落札した14万キロの2004年デミオもTNでした

古いモーターですが、中身の樹脂歯車は割れていないので、動作に問題はありませんでした

モーターをOHして樹脂歯車を交換する

実はモーターの中身が、アマゾンで売っています

サードパーティ製ですが、十分に使えます

僕は取り外したモーターを分解してストックしておくつもりです

ディーラーへ丸投げ

  • モーター:12,000円
  • ウィンドウアーム:6,500円
  • 工賃:6,000円

合計:24,500円

ウィンドウアームを交換する必要がない!と思うかもしれませんが、ディーラーなのでモーターだけ交換する。ということは無いです

仮にモーターだけを交換して、故障が改善されず、アームが故障していたら、組み替え工賃が2度も発生してしまうからです

そうは言っても、ディーラーへの外注が確実かつ楽だと思います

一番安いのはオーバーホール。納期がネック

費用をまとめます

  • 中古モーター:3,500円
  • 故障したモーターのオーバーホール:1,500円
  • ディーラー:24,000円

ダントツで安いのは、OHですね

デメリットとしては、サードパーティ製は海外から運ばれてくるので、納期が長いことです

僕もOHで対応するつもりですが、Amazonからの発注だと1〜2週間かかるという話で断念しました

ウィンドウモーターが壊れてからは、この状態でした

早くモーターをゲットしないと、雨が降ったら終わりです

ヤフオクで落札後も、速攻で支払って、出品者へ発送の催促をしました

ディーラーの場合だと、部品入手は早いので2〜3日あればOKだと思います

ウィンドウモーター交換は内装を剥がすだけ

運転席側のモーターが壊れてしまいましたが、基本的に助手席も同じ作業手順です

RX-8の内装は3本のプラスネジ、各ツメで固定されているだけです

BOSEのツィータースピーカーが入っている内装をとります

ツメで引っかかっているだけなので、手前に引っ張れば外れます

スピーカーの配線があるので、あまり豪快に引っ張らないように注意が必要です

次にドアポケットに隠しプラスネジがあるので、外します

エーモン工業の内装剥がしで優しくスイッチを外します

このスイッチの背面にも、配線はありますので、注意です

ここはピアノブラックで艶塗装されているので、マイナスドライバーで外すと傷つける可能性大です

最後に、ドアの部分にあるメクラを、細いマイナスドライバーで開けて見えるプラスネジを外します

その後、ドア内装がツメで止まっている箇所を、エーモンの内装剥がしで1個ずつ外します

なお樹脂ピンは確実に経年劣化で、2,3個破損します

予備を準備しておいた方が良いです。ちなみに、先日修理したサイドステップと同じものでした

RX-8の外れたサイドステップを取り付け修理してみました後ろタイヤを段差に乗り上げてしまって、サイドステップが外れてしまいました アマゾンで部品を頼んで修理してみたので、紹介します ...

モーターは3つのボルトで固定されているだけです

3つのボルトを緩めて、モーター本体を手前に引くだけです

あとは、新しいモーターに交換するだけで作業は完了です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください