Apple

13インチMacbookProとMacbookAirで悩んだならProがオススメ

新型のMacbookPro13インチが突如発表されましたね。実際のアップデート内容としては、キーボードにMagicキーボード(1mmのストロークを持つキー)に変更されたり、SSDの容量が2倍になりました。あとは上位モデルでは10世代のCoreiシリーズが選択可能になりましたね

今回のMacbookProのアップデートに関して、Appleの本心を探ると、キーボードの不具合が指摘されていたバタフライ式からの脱却を早くしたかったこと。あとはMacbookAirとのキーボード共通化をして原価ダウンしたかったんだと思います

筆者はMacbookAir2018のユーザーです。当時、MacbookAirにするべきか?MacbookProにするべきか?悩んだ記憶があります。1年間以上MacbookAirを使って感じたことは、今なら無理してでもMacbookProを選ぶべき。ということです

ネット上の記事を探してみると、MacbookAirとMacbookProを買う選択肢が分かりにくすぎます。もっとシンプルに考えられるはずなので、この記事で説明していきます

MacbookProを買うべき条件

下記の項目がYesであれば、MacbookProを買うべきです。それ以外で不可のかかる処理をしないのであればMacbookAirで十分です

  • ミラーレス一眼レフカメラを所有しているか?
  • 将来、写真撮影を趣味にしたいと考えているか?
  • 動画編集する予定か?

MacbookAir2018でも上記はできます。しかし、それはすべて初級レベルの話です。筆者の場合、写真が趣味です。MacbookAirを買った頃は、マイクロフォーサーズのライトユーザー向けのミラーレス一眼レフを使っていました。しかし、写真を撮り進めているうちにハマってしまい、先日フルサイズのα7M3を購入しました

フルサイズにカメラを乗り換えた結果、撮影する写真枚数が増えたことも伴ってMacbookAirでは処理不足を感じています。もし遡れるなら、MacbookProの下位モデルを16GBの構成で買っておけば良かったと感じるようになりました

また、液晶ディスプレイに関しても差があります。MacbookAirはsRGBに準拠、400ニトの輝度です。Proのように25%も色彩豊かなP3色域であったり、Airより100ニト明るい500ニトには対応していません。せっかく、フルサイズのカメラ入手したならば液晶もいいものが欲しくなります

それ以外のブログを更新したり、Youtubeを見たり、TwitterやInstagramやFacebookを使う作業はMacbookAirで余裕をもってこなすことができます。一眼レフの写真をしっかり編集したい人はProを買うべきです

オススメ構成

MacbookProのホームページを見ると4構成が用意されています。(4つ目の構成は3つ目のSSD容量が2倍なだけ)

主にこの3つの構成がありますが、一番左と真中を買うメリットがあまり思い浮かびませんでした。この2つを買うくらいなら、より安いMacbookAirでいいような気がします。Airの方がより高速な8GBの3,733MHzのメモリを詰んでいますし、6Kの外部液晶へのディスプレイ出力に対応してます。(Proの上位モデルの6K出力より色域は劣化するけど)

MacbookAirも2020年の10thCoreシリーズになって前モデルよりスコアが2倍以上進化しています。MacbookProの8thモデル最安値モデルと、MacbookAirの10th最安値Corei3モデルとの性能差は25%落ちくらいしかありません。バッテリーライフ等を考えるとMacbookProの下位モデルを買うくらいなら、もっと安いAirの方がガシガシ使えて良い選択になると思います

またMacでクリエイティブな作業をするのであれば、メモリは16GB必須です。(32GBは少し多すぎる。iMacの方がコスパ良くなります)8GBの場合、ブログを書く為に、10個くらいタブを開いてLightroomを起動して少し編集するだけでメモリが足りなくなります。ブログ作業でギリギリ使える容量が8GBです。もちろんYoutubeやNetflix見るだけなら超余裕ですけどね

上記を踏まえて、13インチモデルを買うなら、下記のスペックがベストBuyだと思います

  • 10th Corei5 が詰めること
  • 16GBで3,733MHzのメモリが詰めること
  • ポートの数が4つに増えること
  • 6K出力に対応すること

上記が最大のメリットですね。このモデルは税込で188,800円もします。つまり税込で207,680円します。高額に感じるかもしれませんが、この組み合わせであれば一眼レフの写真編集だったり、動画編集もそれなりに快適にこなせます。長期的に使うのであれば、この構成をオススメしたいです

逆にこれ以外のモデルは、Proと呼ぶには相応しくないような気がします。細かく選べるのは嬉しいのですが、どれを買えば良いのか分からなくなります。ProじゃなくてセミProって名前にして欲しいくらいです

充電器問題はサードパーティで解決

MacbookAirとMacbookProの最大の違いは、消費電力です。Proの方が処理能力が高いので電力を多く使います。Proは60W、Airは30W、となり充電器のサイズが大きく違います。この問題は、窒化ガリウムを使ったサードパーティの製品を使えば解決できます

オススメは下記のRAVPowerです。61W給電ながら30Wの充電器より小さいです。コンセントも格納できます

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください